本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

【中学入試】出題本・出題小説

2021年版【中学受験出題小説を読もう!(女子校編)】大人が読んでもおもしろい!おすすめの本11冊

茶箱 2021年の中学校受験(女子校)で出題された物語のなかから、大人が読んでもおもしろい!おすすめの本11冊を紹介するよ 2021年版【中学受験出題小説を読もう!(女子校編)】 東洋英和女学院中『葉桜』 神奈川学園中『本日のメニューは』 品川女子学院中…

安田夏菜『むこう岸』【中学入試で出題】2021年広尾学園中学の入試問題に挑戦!

茶箱 問題を克服しようとする、子どもの成長が頼もしく感じる本よ 安田夏菜『むこう岸』 // リンク 【著者】安田夏菜 【出版社】講談社 哀れんでいるものは、自分の放つ匂いに気づかない。 哀れまれているものだけが、その匂いに気づくのだ。 (p.93) 全身…

『つむじ風食堂と僕』吉田篤弘【中学受験で出題】中学の入試問題に挑戦!大人との会話を楽しむリツ君の素直さが可愛い

茶箱 子どもにとって親や先生とは違う大人との会話は新鮮なのよね 『つむじ風食堂と僕』吉田篤弘 【著者】吉田篤弘 【出版社】ちくまプリマ新書 2016年、東邦大学付属東邦中学、和洋国府台女子の入試問題(国語)で出題されました。 あらすじ・読みどころ『…

『いい人ランキング』吉野万里子【中学受験で出題】中学の入試問題に挑戦!次期院長の義父が気になるわ

茶箱 いい人ってどんな人だと思う? 自分はいい人だと思う? 『いい人ランキング』吉野万里子 【著者】吉野万里子 【出版社】あすなろ書房 2020年、湘南学園中学校(B)、神奈川学園中学(A午前)の入試問題(国語)で出題されました。 あらすじ・読みどこ…

【いとうみく】2021年多数の難関中学入試で出題『新と朔』など 中学受験生親子が読み合えるおすすめ小説本7冊

茶箱 中学受験界で今一番HOTな作家”いとうみく”さん いとうみくさんの小説のなかで、中学受験生が親子で読み合ってほしい本を選んでみたわ 中学受験生が楽しく読める【いとうみく】さんの本を紹介します。 ●【いとうみく】さんは神奈川県に生まれの児童文学…

【伊吹有喜】『雲を紡ぐ』魅力を解明!2021年都立高や私立中学入試で出題(受験生必読本) 絵本好き・盛岡観光にも役立つおすすめ小説本

茶箱 親子の葛藤、女子高校生の成長が書かれた感動小説よ さらに、イギリスの絵本が出てきたり、盛岡の実際にある喫茶店が登場する小説以外の楽しみも味わえるお得な本だったわ 『雲を紡ぐ』伊吹有喜 あらすじ・読みどころ 2021年都立高校入試(国語)で出題…

【青山美智子】中学受験生に読んでほしいおすすめ本5冊 過去には最難関の開成中でも出題された!

茶箱 大人にも人気急上昇中の青山美智子さん 中学受験生にもぜひ読んでほしい物語を書いているわよ 茶箱 人の数だけ人生があるのを感じる物語よ 中学受験生が楽しく読める青山美智子さんの本を紹介します。 ●青山美智子さんは1970年生まれの作家さん 『木曜…

朝比奈あすか『君たちは今が世界』【中学受験】2020年複数の難関中学入試で出題された話題の本!【おすすめ児童書】

2021年4月21日更新 小学6年生って微妙な年ごろ 親から独立したい気もするけれど、まだまだ甘えたい この時でしか味わえない、みずみずしくもあり、いやらしくあり、もどかしい感情がたっぷり味わえます 朝比奈あすか『君たちは今が世界』 【著者】 朝比奈あ…

【中学受験で出題】原田マハ『リーチ先生』2019光塩女子中学の入試問題に挑戦!陶芸を極めた男から学ぶ

茶箱 生活に根付いたアート「民藝」の世界が目の前に現れる物語よ 『リーチ先生』原田マハ 【著者】原田マハ 【出版社】新潮社 2019年光塩女子学院中等科、2020年立教新座中学校の入試問題(国語)で出題されました。 原田マハ『リーチ先生』あらすじ・読み…

【中学受験で出題】原田マハ『常設展示室』2020淑徳与野中学の入試問題に挑戦!絶望に立ち向かう女になれ

茶箱 当たり前のように見えていた世界を失う アートを見ることが生きがいだった女性にたちはかだる絶望 彼女は絶望にどう向き合うのか? 彼女の気持ちを読み取る問題が、中学受験で出題されたわよ 『常設展示室』原田マハ 【著者】原田マハ 【出版社】新潮社…

【まはら三桃】中学受験生におすすめ本(国語)6冊 読書が楽しい!本ばかり

茶箱 中学受験の国語でよく出題されるまはら三桃さん まはら三桃さんの作品は、読んでいて明るくなれるのがいいのよ 中学受験生が楽しく読めるまはら三桃さんの本を紹介します。 ●まはら三桃さんは1966年生まれ。 2012年『鉄のしぶきがはねる』(講談社)で…

『木曜日にはココアを』青山美智子【中学入試で出題】2018開成中学の入試問題に挑戦!女性の本音を読み解く難しさ

茶箱 大人の女性の心を読み解く 2018年開成中の問題は、中学受験男子には難しい問題だったんじゃないかな? 『木曜日にはココアを』青山美智子 【著者】青山美智子 【出版社】宝島社 2018年開成中学の入試問題(国語)で出題されました。 あらすじ・読みどこ…

瀧羽麻子『ありえないほどうるさいオルゴール店』【中学入試で出題】2019桜美林中の入試問題に挑戦!解くコツはピュアな女優になること

茶箱 新しい世界に飛び立ちたいときにおすすめの本だよ 瀧羽麻子『ありえないほどうるさいオルゴール店』 【著者】瀧羽麻子 【出版社】幻冬舎 2019年桜美林中学の入試問題(国語)で出題されました。 おなじく2019年立教女学院、淑徳与野中学の入試でも出題…

『たまごを持つように』まはら三桃 【中学入試で出題】2020年大宮開成中学の入試問題に挑戦!今どきの子どもの名前に苦戦

茶箱 たまごって割れやすそうで、割れないのよね! 中学生の心も、弱そうで実は強いのよ! 『たまごを持つように』まはら三桃 【著者】まはら三桃 【出版社】講談社 2020年大宮開成中学の入試問題(国語)で出題されました。 あらすじ・読みどころ 自信がな…

『線は、僕を描く』砥上裕將 2020年江戸川取手中学・三輪田中学の入試(国語)で出題

茶箱 白黒の水墨画の物語なのに、読むほどに物語の世界がクリアに明るくなっていく不思議な感覚が味わえたわ 砥上裕將『線は、僕を描く』 【著者】砥上裕將 【出版社】講談社 2020年江戸川取手中学と三輪田学園中学の入試問題(国語)で出題されました。 あ…

2019年青山学院横浜英和中学ほか多数で出題 中学入試(国語)の御用達!森絵都『クラスメイツ』

茶箱 中学1年生のクラスメイツ24人が主人公になっている連作短編集 どの生徒もクラスのなかで懸命に生きているよ 森絵都『クラスメイツ』前期・後期 【著者】森絵都 【出版社】KADOKAWA 2015年から、さまざまな中学の国語入試問題で出題されています。 茶箱 …

2018年栄光学園中学入試(国語)で出題 まはら三桃『奮闘するたすく』

茶箱 おじいちゃんのことが、わからなくなるような、わかるようになるような おじいちゃんの認知症に向かい合うたすく君、頼もしいよ まはら三桃『奮闘するたすく』 【著者】まはら三桃 【出版社】講談社 2018年栄光学園中学の国語入試問題として出題されま…

城北中学・星野学園中学の入試(国語)で出題 宮下奈都『ふたつのしるし』

茶箱 まったく違う道を歩んできた、ふたりの男女の運命が交わる 人との繋がりって不思議ね 宮下奈都『ふたつのしるし』 【著者】宮下奈都 【出版社】幻冬舎 2017年城北中学、2019年星野学園中学の国語の入試問題として出題されました。 茶箱 宮下奈都さんの…

2020年桜蔭中学入試(国語)で出題 まはら三桃『思いはいのり、言葉はつばさ』

茶箱 女性の生き方を考える物語だったわ 中学受験生だけでなく、お嫁にいく年ごろの女性たちにも読んでほしいわ まはら三桃『思いはいのり、言葉はつばさ』 【著者】まはら三桃 【出版社】アリス館 2020年、桜蔭中学校の国語入試問題として出題されました。 …

2017年東洋英和・栄東中学入試(国語)で出題 宮下奈都『遠くの声に耳を澄ませて』

茶箱 心にじんわり染み入る短編集 どんな過去でも、それは”今”を生きる力になっているのよ! 宮下奈都『遠くの声に耳を澄ませて』「アンデスの声」 【著者】宮下奈都 【出版社】新潮社 2017年東洋英和女学院中学部、栄東中学校の国語の入試問題として出題さ…

2019年聖光学院中学入試(国語)で出題 近藤史恵『最後の毛布』犬好きにおすすめ本

茶箱 犬好きさんにおすすめの本よ ペットはぬいぐるみじゃない、私たちと同じ生きもので、犬にも”その犬らしい”生き方があるのよね 近藤史恵『最後の毛布』 【著者】近藤史恵 【出版社】KADOKAWA 2019年の聖光学院中学校(第1回)の国語の入試問題として出題…

【2021年中学受験(国語)】難関中が出題した小説本12冊を読んだ!2020年との比較あり

2021年に難関私立中学入試の国語で出題された小説・エッセイ本12冊を読んでみました。 2020年に比べて、大人向きの小説が多かった気がするわ 2021年に出題された小説と、2020年に出題された小説を比較して紹介しているので、参考にしてみてね 海城中学で出題…

2021年開成中学入試(国語)で出題!最上一平『銀のうさぎ』「糸」

茶箱 ウフフ、恋なんじゃない、それって! 2021年の開成中の国語出題物語「糸」を読みながら、大人の私は登場人物の拓也と和子の二人を「可愛いわね」と思ってしまったわ 最上一平『銀のうさぎ』「糸」 【著者】最上一平 【出版社】新日本出版社 茶箱 残念な…

2021年麻布中学入試(国語)で出題 津村記久子『サキの忘れ物』「河川敷のガゼル」

茶箱 ガゼルって何?架空の生き物なのかしらね そんな疑問から始まる物語だったわ 津村記久子『サキの忘れ物』 【著者】津村記久子 【出版社】新潮社 2021年の難関私立中学校、麻布中学校の国語の入試問題として出題されました。 茶箱 麻布中学の問題はクセ…

『朔と新』いとうみく【中学受験】2021年ラサール中など難関中学入試(国語)で出題された話題の小説本 入試出題箇所はここ!

茶箱 望んだことじゃなくとも、自分のせいで誰かが傷つく そして、そのことで自分も傷つく 大なり小なりだれもが感じたことのある心の痛みよね 『朔と新 』はとにかく登場人物それぞれの気持ちを丁寧に読み解くことが必要になる物語だったわ いとうみく『朔…

2021年女子学院中入試(国語)で出題 梯久美子『好きになった人』「風船スケーターの不条理」

茶箱 自分の子どもの頃の思い出は、どんなものがあったかしら? 「なんで?」「なんで?」といつも思っていた、子どもの自分が懐かしいわ 梯久美子『好きになった人』 【著者】梯久美子 【出版社】ちくま文庫 2021年難関私立中学校、女子学院中の国語入試問…

2021年桜蔭中入試(国語)で出題 森絵都『あしたのことば 』「あの子がにがて」

茶箱 どうしても好きになれない友達っているわよね ”言葉が通じない” ”その子の言葉ひとつひとつにイライラする” 大人になってもそんな気持ちを感じることがあるわ 森絵都『あしたのことば 』 【著者】森絵都 【出版社】小峰書店 2021年の難関私立中学校、桜…

2021年海陽中(特給)入試(国語)で出題 村田沙耶香『 しろいろの街の、その骨の体温の 』

茶箱 ”あいつらとは違う私”を毎日繰り返していた、自意識高さがこじれた学生時代 「過去の最低最悪、イヤな自分」の物語を読んでいる気分になったわ 村田 沙耶香『しろいろの街の、その骨の体温の 』 【著者】村田 沙耶香 【出版社】朝日新聞出版 難関私立中…

2021年雙葉中入試(国語)で出題 小川洋子『偶然の祝福』「キリコさんの失敗」女子校受験なら必読かも

茶箱 不思議な体験をすることが多い子ども時代 大人になって、あれって現実のことだったのかしら?と思いかえすことってない? 小川洋子『偶然の祝福』「キリコさんの失敗」 【著者】小川洋子 【出版社】角川 2021年の難関私立中学校、雙葉中学校の国語入試…

2021年渋谷教育学園渋谷中入試(国語)で出題 関口尚『はとの神様』男の生き方を学べ!

茶箱 男ってだれでも、いくつになっても、女の子の前ではかっこよくいたい生き物なのね 子ども向けの友情物語本かと思いきや、男親・男の生き方を考えさせる本でもあったわ 関口尚『はとの神様』 【著者】関口尚 【出版社】集英社 2021年の難関私立中学校、…