本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

【衝撃!泣ける料理本】辻仁成『 父ちゃんの料理教室』親の愛を感じる 親から子へ贈りたいおすすめ本

茶箱 衝撃的!【泣ける料理本】を紹介するわよ 料理中に玉ねぎを切って涙が出るとかの話じゃないんです。 料理本を読んでいて泣けるんです。 そのわけは、料理を通して親の息子の愛を伝えたい気持ちがあふれ出ているからなんです。 茶箱 大人になると、親の…

【日本人母をもつ海外で生きる息子たち】ブレディみかこ・ヤマザキマリのエッセイは変わりゆく日本人必読のおすすめ本

茶箱 【日本人の母をもつ海外で生きる息子たち】の生き方を、変わりゆく日本に住む人みんなに知ってほしいわ 同じ時期に、ブレディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2』と、ヤマザキマリさんの『ムスコ物語』が刊行されたのを知っ…

【クリスマスにプレゼントしたい絵本】オシャレで可愛い本を厳選!可愛いモノ好きにおすすめ絵本11冊

茶箱 オシャレで可愛い本を厳選!【クリスマスにプレゼントしたい絵本】おすすめ11冊を紹介するよ クリスマスにピッタリの絵本をプレゼントできたらステキだけど、山のようにあるクリスマス絵本のなかから、好みの絵本を選ぶのは難しいですよね。 そこで、…

【面倒な掃除が楽になる方法】掃除の前に意識を高める!すべてがシンプルになるおすすめドミニック・ローホーの本

茶箱 【面倒な掃除が楽になる方法】 それは、掃除の前に意識を高めること! ふと気づくと、部屋がごちゃごちゃしている。 茶箱 ある日突然気になりだすのよね 1年間かけて溜まったモノはたくさんあります。 読もうと思ってもらったチラシ・フリーペーパー、…

【視覚資料づくりに役立つおすすめ本】『絵を見る技術 名画の構造を読み解く』資料の絵と文字の配置にもう悩まない!

茶箱 プレゼンに必要な【視覚資料づくりに役立つおすすめ本】本を紹介するわよ 小さなころから絵を描くのが下手だし、大人になったら発表(プレゼン)につかう視覚資料を作るのが苦手です。 茶箱 文字と絵のバランスや色使いのバランスがイマイチなんじゃな…

【おすすめ茶道の本】『教養としての茶道』茶道に興味のない人こそ読むべし!茶道は生きるコツを教えてくれる

茶箱 茶道に興味のない人こそ読むべし!【おすすめ茶道の本】よ 多くの日本人はそれほど興味をもたない日本伝統「茶道」。 なぜか外国人や世界で活躍するビジネスパーソンがこぞって興味しんしんなんです。 茶箱 私も、英会話を習っているときに、外国人の先…

【元気になれる】プレゼントにおすすめ絵本 大人用・子供用あり『明日のカルタ』シリーズ いつでも何回も読みたい本

茶箱 『明日のカルタ』シリーズは、【前向きに、元気になれる】プレゼントにおすすめの絵本よ 【元気になれる】『明日のカルタ』シリーズ 大人向け『本屋さんで探す「明日のカルタ」』 あらすじ・感想 私が気に入った言葉はコレ! 著者の倉本美津留さんとは…

2021年版【読書週間】”最後の頁を閉じた 違う私がいた”にあわせて読みたい!私を変えてくれるおすすめ本19冊

茶箱 2021年【読書週間】の標語は「最後の頁を閉じた 違う私がいた」に合わせて読みたい、私を変えてくれるおすすめ本19冊を紹介するよ 茶箱 どんな本が紹介されているか一気に見たかったら、目次の「紹介した本リスト」をクリックしてね ”私を変える”ビジ…

【茶道本】映画化された森下典子『日日是好日』続編あり!なぜ人が「お茶」に惹きつけられるのか?がわかる永久保存版3冊

茶箱 映画にもなった森下典子さんの本『日日是好日』に加えて、映画の後に出た続編2作、合わせて3冊セットで紹介します なぜ人が「お茶」に惹きつけられるのか?がわかる『日日是好日』シリーズ 実は、『日日是好日』を含めた3冊の本は「お茶」「茶道」とは…

『ミシンの見る夢』退屈させません!【NHK朝の連ドラと『家政婦は見た!』が好きな人】におすすめの本(大人向き)

茶箱 「NHK朝の連ドラと市原悦子さんの『家政婦は見た!』が好きな」人におすすめしたい本(小説)よ 『ミシンの見る夢』 ミシンの見る夢 【著者】ビアンカ・ピッツォルノ 【出版社】河出書房新社 この本のおすすめポイント ● 100年前のイタリア社会に生きる…

【自分に起こった突然の変化についていけないとき】おすすめの本『透明な耳。』村本大志《10代向け》

茶箱 ある日思いがけず起こる「突然の変化についていけないとき」におすすめしたい本(小説)よ だれしも突然、自分が考えてもいなかったこと、想像もしたこともないことが自分の人生にふりかかってくることがあります。 自分が今そんな状況にある人にはもち…

『息子のボーイフレンド』【自分らしく生きるために必要なのは何?】がわかる小説本

茶箱 「自分らしく生きるために必要なのは何だろう?」と悩んでいる人におすすめしたい本(小説)よ 人とちょっと違った自分は、この社会の中で生きにくいなと思ったことありませんか? ユニーク、個性的なことがもてはやされている一方で、特別なことがなく…

『たまねぎとはちみつ』瀧羽麻子【悩み解決おすすめの本:普通でいいけれどちょっと成長したい(児童向け)】

茶箱 「普通でいいんだけれど、ちょっと成長したい」と思っている人におすすめしたい本(小説)よ 普通でいればクラスで目立つこともないし、期待されたりすることもないし、変な目で見られることもないから、安心。 でも、周りのみんなはどんどん変わってい…

『余命一年、男をかう』吉川トリコ【悩み解決おすすめの本:何のために生きているんだろう?】

茶箱 「何のために生きているんだろう?」と悩んでいる人におすすめしたい本(小説)よ 仕事が楽しいわけじゃない 毎日没頭できる趣味があるわけじゃない 自分以上に大切な人がいるわけじゃない じゃ、なんのために自分は生きているんだろうと思ったときに読…

『ツタンカーメンの心臓』福士俊哉【ハリウッド映画並みの壮大な小説を読みたい】聖東大学シリーズ第2弾!

茶箱 【ハリウッド映画並みの壮大な小説を読みたい】人におすすめしたい本(小説)よ 最近おもしろいことがない、マンネリした日々がつまらない、海外に行けないのがさみしい、とおもっていたら、すぐに手にとって読んでみてほしいです。 ドキドキしながら、…