本をプレゼントしよう

中学・高校入試で出題された本を読む!小中学生におすすめ朝読書本紹介します

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。また、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

荒井良二 風景が美しい絵本『はっぴーなっつ』ほか6冊

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。また、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

絵本『はっぴーなっつ』

 

荒井良二さんの絵は、ダイナミックなのに、どこかかわいくて、見ているだけで心が清浄されていく気がします

 

『はっぴーなっつ』は、4つの季節「春夏秋冬」のそれぞれの美しい風景が楽しめる絵本です

 

 

絵本『はっぴーなっつ』基本データ

 

 

【作・絵】荒井良二

【出版社】ブロンズ新社

 

●出版年

2022年

●文字量

ふつう

●文字

ひらがな・カタカナ

●イラスト・絵

もはやアートといえる絵

ダイナミックなのに、かわいい絵

●ページ数

32ページ

●サイズ

25,7×20,5 cm

●テーマ

季節

 

読みどころ

 

● 荒井良二さんのイラストは、もはやアート作品

 

● 半面はモノクロのコミック形式になっていて読みやすい

 

● 四季ごと、日々の幸せを味わえる

 

● 家のなかにいても外の空気が感じられるような、すがすがしさがある

 

『はっぴーなっつ』はこんな絵本

 

春夏秋冬の物語

 

明るい黄色の光りが注ぐ「春」


大きな虹がかかるにぎやかな「夏」


たくさんの落ち葉が降る「秋」


しんしんと積る雪におおわれた静かな「冬」

 

忙しい毎日を送っていて、気づかないなんてもったいない!

 

季節を味わい、楽しめるのって幸せだなと感じる絵本です

 

同じ道を歩いていても、同じ空を見ていても、季節によって全く違う風景が広がっている

 

「今日と同じ風景はないんだ」と、毎日が愛おしく思えてきます

 

ちなみにタイトルの『はっぴーなっつ』は、幸福の「ハッピー」と、荒井さんが子どものころから愛読し影響を受けてきたスヌーピーのコミック「ピーナッツ」をかけわせた造語だそうです

 

絵本『はっぴーなっつ』の秘密ー荒井良二作品ー 

 

 

荒井良二さんの、”もはやアート”といえる美しい風景が楽しめる絵本は、『はっぴーなっつ』のほかにもあります

 

**********

★『きょうはそらにまるいつき』

東の空から、まんまるい月がのぼってきました
それぞれの人が暮らす、それぞれの場所に、訪れる夜が、静かに、あたたかく描かれています

 

 

★『あさになったのでまどをあけますよ』

それぞれの場所で、朝をむかえた子どもたちが、あたらしい一日のはじまりに窓をあけます

窓の外に広がるあたりまえの明るい風景に、希望を、幸せを感じます

 

 

★『こどもたちは まっている』

 

今日も日は登り、いつもの風景が広がる

繰り返す日々のなかで、子どもたちは風景の中に大好きな「なにか」を待っているのです

待つワクワクさが楽しい!

★『たいようオルガン』

 

たいようがオルガンをひくと朝が来て、明るい一日が始まります

大きなたいようオルガンが見守る中、細いみちをゾウバスが走り出す!

 

★『ぼくらのエコー』

 

荒井良二氏が詞を書きおろした、平成28年「NHK全国学校音楽コンクール」小学校の部課題曲をモチーフにした絵本

 

「ぼくはうたうよ。ぼくだけのうたを。」

希望があふれる言葉と、明るい絵が心を明るくしてくれます

巻末には楽譜もついています

 

 

▼紹介した本はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 ▼絵本『ロッタちゃんとじてんしゃ』の英語版はこちら