本をプレゼントしよう

中学・高校入試で出題された本を読む!小中学生におすすめ朝読書本紹介します

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。また、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

『リーサの庭の花まつり』ほか 花と植物を楽しむ絵本6冊【英語版あり】

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。また、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

絵本『リーサの庭の花まつり』

 

リーサは、美しい夏至の精に誘われ「花まつり」に参加します

 

そこでは草花たちが動いたりおしゃべりをしたり、生き生きと楽しく集っていたのです!

 

きんぽうげの母親

気品あるやぐるま草

ばらの女王

パンジー夫人

ライラックの娘たち

などなど

 

雑草たちと野菜たちも参加しています!

 

スウェーデンの作家エルサ・ベスコフの名作です

 

自然を楽しめる美しい絵本です

 

 

絵本『リーサの庭の花まつり』基本データ

 

 

【作・絵】エルサ・ベスコフ

【訳】石井登志子

【出版社】童話館出版

 

●原書

スウェーデンの絵本

●英語版

『The Flowers' Festival』

●出版年

2001年(新版)1914年(初版)

●文字量

多め

●文字

ひらがな・カタカナ

●イラスト・絵・写真

美しい

●ページ数

32ページ

●サイズ

29.5 × 24cm

●テーマ

植物

夏至

 

読みどころ

 

 かわいらしい花たちだけでなく、素朴な野菜たち、ちょっと粗野な雑草たちも、きちんと描かれている

 

●植物の世界も、美しい、かわいいだけじゃなくて、乱暴者やたくましいものたちもいる

 

●植物みんなが共存して生きているリーザの庭で開かれるお祭りに、自分も入りこんでいるような楽しい気分になれる

 

絵本『リーサの庭の花まつり』と合わせて読みたい本

 

 

『リーサの庭の花まつり』と合わせて読みたい!

 

花と植物がたっぷりの絵本を紹介します

 

絵本『ちいさな木ぼりのおひゃくしょうさん』

 

 

【著】アリス ダルグリーシュ

【絵】 アニタ ローベル

【出版社】童話館出版

 

小さな木ぼりのお百姓さんとおかみさんは、いっしょに暮らす動物を集めてほしいと船長さんに頼みます

 

全ページに、ピンク色と黄緑色の可愛らしいお花が描かれています

 

★絵本『きんのたまごのほん』

 

 

【著】マーガレット・ワイズ・ブラウン
【絵】レナード・ワイズガード
【訳】渡辺 茂男
【出版社】童話館出版

 

ひとりぼっちのウサギが、卵を見つけた!

卵のなかには、誰かいるのかな?


全ページに、華やかな色のついた花が描かれています

 

★絵本『チューリップ 』

 

 

【作・絵】荒井真紀
【出版社】小学館

 

チューリップの成長がわかる科学絵本


チューリップの球根は、土の中でどうしているのか?

目に見えないチューリップの成長が、イラストで詳細にわかります

 

荒井真紀さんの描く、細かに表現されたイラストが美しいです

 

★絵本『リネア: モネの庭で』

 

 

【著】クリスティーナ・ビョルク
【絵】レーナ・アンデション
【訳】福井 美津子
【出版社】世界文化社

 

クロード・モネの名画『睡蓮』など 花や植物を描いたモネの絵がふんだんに楽しめる美しい絵本です


主人公の少女リネアが、フランスの「モネの庭」を訪れ、印象派やモネの家族のことを知ります

 

絵や写真が多く、旅行記のように書かれているので、物語として読めます

★絵本『ざっそうの名前』

 

 

【作・絵】長尾 玲子
【出版社】福音館書店

 

「どの草にも、みんな名前があるんだ」

素朴な草たちを、刺繡で描いた可愛らしい絵本

 

太郎は、おじいちゃんから庭にある雑草の名前を教えてもらいます

 

姉妹編『ぼくの草のなまえ』もあります

 

『リーサの庭の花まつり』英語版はこちら

 

 

▼紹介した本はこちら