本をプレゼントしよう

贈り物にしたい本をおすすめ

『すうがくでせかいをみるの』2022年読書感想文コンクール課題図書 好きなものをみつける本

『すうがくでせかいをみるの』

 

 

 

【著者】ミゲル タンコ (著), 福本 友美子 (翻訳)

【出版社】ほるぷ出版

 

2022年 第68回 青少年読書感想文コンクール課題図書<小学校低学年の部>

 

 

すきなことが あるって いいな。

(p.122)

 

 

 ▶▶主人公の言葉

 

『すうがくでせかいをみるの』読書感想文のテーマ

 

『すうがくでせかいをみるの』の読書感想文のテーマになりそうなものをピックアップしてみました。

 

* 読書感想文の書きやすいものを選んでいます。他にもいろいろな視点から物語を読めますよ。

 

本を選ぶ時の参考にしてください。

 

● 自分の好きなことをみつける

 

● 家族のすきなことをみつける(聞いてみる)

 

● 友達ののすきなことをみつける(聞いてみる)

 

● 自分の好きなことをまとめたノートをつくってみる

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

自分が書きやすいテーマを選ぶといいわね

 

『すうがくでせかいをみるの』の感想

 

”好きなことがあるって「うれしい!」”

 

好きなことって、人それぞれ。

 

自分の好きなことがわかって、それをだれかに話せるのって、すごく幸せなことだと思う。

 

『すうがくでせかいをみるの』基本情報

 

● 2022年 第68回 青少年読書感想文コンクール<小学校低学年の部>課題図書

 

● クラスの友達について考える本

 

● 主人公はパパ、ママ、おにいちゃんと暮らす女の子

 

● 作者はスペインで生まれ育ったミゲル・タンコさん

 

● 主人公の女の子の書いた「数学ノート」付き

 

● 本文はひらがなとカタカナのみ

 

● 42ページ

 

『すうがくでせかいをみるの』あらすじ

 

出版社の本紹介

 

うちのかぞくには、みんなそれぞれすきなことがある。すきなことがあるっていいな。なにかみつかるかな? いろいろやってみてピンときたのは・・・・・・すうがく!
世界をみる方法は、いくつもある--数学が大好きな主人公の、「すき」の気持ちがあふれるおはなし。「すきなこと」を通して、自分なりの世界の見方を見つける絵本。巻末に、主人公オリジナルの「数学ノート」付き

 

 

紹介した本リスト