本をプレゼントしよう

中学・高校入試で出題された本を読む!小中学生におすすめ朝読書本紹介します

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。また、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

エリザベス女王と旅をしながら英語を学べる絵本【英語絵本】The Queen Collectionシリーズ4冊

※当ブログではアフィリエイト・Google AdSenseによる広告を掲載しています。また、商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

英語の絵本The Queen Collectionシリーズは、エリザベス女王を題材にして描かれた絵本4冊です。

 

世界中で愛されるエリザベス女王と一緒に、ロンドン、イギリス、世界、宇宙を旅行しながら英語が学べる、おすすめの絵本シリーズを紹介します。

 

 

【英語絵本】The Queen Collectionシリーズ 基本情報

 

● 著者はSteve Antony 

 

● 英語は見開き1ページにカンタンな一文がのっている程度なので、英語初心者でも読めます。

 

● ページ数:4冊ともペーパーバック32ページ程度

 

● オシャレな絵を見ているだけでも楽しいです。

 

● Amazonアマゾンでは「試し読み」ができます。

 

● 人気のある絵本なので、YouTubeで英語の読み聞かせがあります。

➡これを利用すれば、英語の発音を聞けます。

 

『The Queen's Hat 』

 

 

第1弾の絵本です。

 

エリザベス女王はいつもオシャレな帽子をかぶっていますが、その帽子が風に飛ばされてしまいます。

 

女王、近衛兵が帽子を追いかけてロンドン中を走り回ります。

 

イギリスの名所が次々に出てくるので、英語でロンドン観光地めぐりができる絵本です。

 

女王の洋服は「青」

➡エリザベス女王は、大勢の人の中でもすぐに見つけられるようにと単色の服を着ることが多いのです。

 

『The Queen's Hat』学べる英語

 

ロンドン中の観光名所が英語でわかる

 

『The Queen's Handbag』

 

 

第2弾の絵本です。

 

エリザベス女王といえば、いつでも小さなハンドバックを手にしていることで有名です。

 

そのハンドバックがいじわるな白鳥に盗まれてしまいます。

 

女王はコーギー犬といっしょに赤い車を自ら運転して、ハンドバックを追いかけます。

 

赤い服を着た女王は、青い警備員を引き連れて、ストーンヘンジ、オックスフォード、エジンバラとイギリス国内中を、車からバイク、ヘリコプターなどなど、乗り物を変えながらめぐることになります。

 

女王の洋服は「赤」

 

『The Queen's Handbag』学べる英語

 

イギリス中の観光名所が英語でわかる

 

『The Queen's Present 』

 

 

第3弾の絵本です。

 

クリスマスイブ。

エリザベス女王は、小さな王子と王女にあげる素敵なプレゼントがまだ見つけられていません。

 

そんな女王に救いの手をのべてくれたのは、サンタさん!

 

女王はサンタさんと一緒にそりに乗って、世界中にステキなプレゼント探しに出かけます。

 

エッフェル塔から、エジプト、中国、日本にもやってきます。

 

女王の洋服は「緑」

 

『The Queen's Present』学べる英語

 

世界中の観光地が英語でわかる

 

 

『The Queen's Lift-Off 』

 

 

第4弾の絵本です。

 

ちいさな王子と王女のおもちゃのロケットづくりを手伝っていた女王。

 

とつぜん、そのロケットは女王をのせて宇宙へ飛び出してしまいました。

 

女王は、月、火星、木星、ブラックホールなど、宇宙のあちこちを旅します。

 

女王の洋服は「黄色」

 

『The Queen's Lift-Off』学べる英語

 

宇宙の惑星が英語でわかる

 

【英語絵本】The Queen Collectionシリーズ 覚えたいフレーズ

 

”Would you like a cup of tea?”

”Would anyone like a cup of tea?”

 

このフレーズが出てくるので、覚えちゃいましょう。

 

お茶はいかが?

 

【英語絵本】洋書 The Queen Collectionシリーズをよんでみて

 

さっそく絵本を開いて、エリザベス女王と一緒にたくさんの旅行を楽しみましょう。

 

The Queen Collectionシリーズをきっかけに、イギリスをもっと知りたくなります。

 

▼紹介した絵本(洋書)