本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

【友達って何?を考える本】一緒に遊ぶだけじゃない ”友達”がわかる本(小説)5冊

小学校に上がるときも、中学生、高校生になっても会社に入っても、いつでも「友達をたくさん作らなくちゃ」と思っていない?

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain

友達って何?どんな関係になったら友達なの?なんだかよくわからないよね。

 

f:id:pooh70inu:20201212182026j:plain

 

友情をテーマにした本(小説)の、おすすめ本5冊を紹介します。

いろんな友情のかたちから「友達って何だろうか?」を考えてみてくださいね。

 

 

 

『ホリー・ガーデン』江國香織

 

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

 

【著者】江國香織

【出版社】新潮社

 

友達だからこそ言えないこともある

 

果歩と静江は小学校時代からの友達

お互いの良いことも恥ずかしいことも、いろんなことを知っている仲だ

 

いろいろあってメガネ屋さんにお勤めの果歩、美術教師になった静江

お互いの恋愛事情や生き方について、いろいろぶちまけたいことはある。(お互いそれは気づいているけれど)

 

友達同士だからこそ、踏み込めない部分があることを知っている女の友情物語

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

べたべた仲良くするだけが友達じゃない

なにがあっても、結局は子どもの時と変わらない果歩と静江の絆が頼もしい。

 

不思議なことに私の学生時代からの仲良しの友人にいわせると、江國作品のなかではつまらない作品なんだって。やっぱり女友達ってわからないことだらけだわ。

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

 

 

『本屋さんのダイアナ』柚木麻子

 

本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

 

【著者】柚木麻子

【出版社】新潮社

 

自分に無いものを持っているからこそ友達に

 

ダイアナの名前は漢字で書くと大穴。ダイアナはこの名前が大嫌い

 

普通の感覚とはちょっと違った母親二人暮らしのダイアナは、本好きを通じて同じクラスの優等生彩子と友達になる

育った環境がまったく違う二人にはどんな友情が成り立つんだろうか?

 

ダイアナの小学校から社会人になるまでの青春小説であり、ダイアナと彩子との友情小説です。

 

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

友達になるきっかけって、ちょっとしたことだったりする

 

自分とぜんぜん違うタイプと思っていた子と友達になるのも、不思議だけどおもしろいよね

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

  • 作者:柚木 麻子
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: Kindle版
 

 

『ミーナの行進』小川洋子

 

ミーナの行進 (中公文庫)

 

【著者】 小川洋子

【出版社】中央公論社

 

あなたのためになにかしてあげたい

 

裕福な家に生まれた、美しくて、かよわくて、本を愛したミーナ。

中学生のミーナの1歳年上の従妹は、ミーナの家でともに暮らすことになった

 

まったく違った環境で育ってきた二人の少女だが、出会ってすぐ二人はどこか通じ合うものがあることをとっさに確認しあう

芦屋の洋館のなかで、はぐくまれた二人の少女の物語。

 

第42回谷崎潤一郎賞受賞作

  

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

友達になれる子ってビビビとくるのよ

 

相手のために何かをしてあげたい、役立ちたいと思うことが「友達」の始まりなんじゃないかな。

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

ミーナの行進 (中公文庫)

ミーナの行進 (中公文庫)

  • 作者:小川 洋子
  • 発売日: 2009/06/01
  • メディア: ペーパーバック
 

 

『あこがれ』川上未映子

 

あこがれ (新潮文庫)

 

【著者】川上未映子

【出版社】新潮社

 

男女でも友達になれるの?

 

麦(男の子)とヘガティー(女の子)

男女二人の小学4年生、小学6年生の時の物語

同じ学校に通う二人は男の子と女の子だけど、どこか気の合う二人。

 

麦もヘガティーにも、それぞれ憧れの人・気になる人がいるのだが、その憧れをその人に上手く伝えられない

そのモヤモアした気持ちをスッキリさせるために、お互いを助けあうのだが。

 

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

男女に友達関係は成り立つのだろうか?

異性だって、気が合う子がいたら友達になれるんじゃないかな

 

相手のために一緒に行動したり考えてくれたり、傷ついたら一緒にそばにいてくれるのに性別なんて関係ないさ!

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

あこがれ (新潮文庫)

あこがれ (新潮文庫)

 

 

『夢見る帝国図書館』中島京子

 

夢見る帝国図書館

 

【著者】中島京子

【出版社】文藝春秋社

 

友達は風のようにあらわれる

 

作家の〈わたし〉は、上野公園で偶然となりに座った年配の女性、喜和子さんと出会う。これがきっかけで、日本で最初の図書館”帝国図書館”の設立が書かれた小説を書き始めることになる。

 

帝国図書館の歴史、戦後東京の現実を知るのと並行して、喜和子さんの生涯もどんどん明らかになっていくのです。

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

偶然知り合っただけの、不思議な関係の女二人なのに、ユルイながらもどこか切り離せなくなっていることに心が温まる。

 

友達って運命のごとく風のように現れるのかしらね。結婚相手と同じく、友達になる運命は糸で結びついているのかも(笑)

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

夢見る帝国図書館

夢見る帝国図書館

 

 

紹介した本リスト

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ 

ミーナの行進 (中公文庫)

ミーナの行進 (中公文庫)

  • 作者:小川 洋子
  • 発売日: 2009/06/01
  • メディア: ペーパーバック
 
本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

本屋さんのダイアナ(新潮文庫)

  • 作者:柚木 麻子
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: Kindle版
 
ホリー・ガーデン (新潮文庫)

ホリー・ガーデン (新潮文庫)

 
あこがれ (新潮文庫)

あこがれ (新潮文庫)

 
夢見る帝国図書館

夢見る帝国図書館