本をプレゼントしよう

かわいい本をおすすめする本屋さん

「世界のブックデザイン」印刷博物館 世界の本屋さんを旅しているよう

f:id:pooh70inu:20161212224106j:plain

”本の装丁”って本を買う時や読むときに気になるポイントですよね。

わたしはかわいい装丁、ピンク色の装丁だと本の内容に関わらず手にとってしまいます。

 

そんな装丁好きの私がとても楽しみにしていた「世界のブックデザイン」を見に行けたので会場内のレポートをします。

ワクワクがとまらず幸せな時間がすごせました。

 

 

「世界のブックデザイン」 印刷博物館

☝【「世界のブックデザイン」パンフレット】

 

東京文京区にある印刷博物館で開催中の「世界のブックデザイン」に行ってきました。

 

本好きさんにはたまりません。

毎年3月におこなわれる「世界で最も美しい本コンクール」の入選作品と、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国のコンクールで入賞した書籍200点を展示しています。

国ごとに本は展示されていてお国がらを感じる楽しさもあります。

まるで世界の本屋さんを旅してのぞいているような気分になれます。

 

日本のコーナーは、会場を入ってすぐ。「第52回造本装幀コンクール」の入賞作品が展示されています。

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain基本情報(チケット・会期・開催場所)

 

●会期

2019年3月31日(日)まで

紹介が遅くなり申し訳ないですが、会期が残り少しです。

 

2019年4月上旬からは奈良県立図書情報館にて同じ『世界のブックデザイン』が開催されます。

 

●場所

印刷博物館1F「P&Pギャラリー」

JR「飯田橋駅」(東口)より徒歩約13分

東京メトロ飯田橋駅」(B1出口)より徒歩約13分

東京メトロ江戸川橋駅」(4番出口)より徒歩約8分

東京メトロ後楽園駅」(1番出口)より徒歩約10分

どこの駅からも少し遠いのが難点です(笑)

 

 

●チケット

「世界のブックデザイン」は無料

印刷博物館は別途料金がかかります。

 

●「世界のデザイン展」が開催中の印刷博物館の公式ホームページ

▼▼詳細はこちらから見ることができます。行く前には必ずチェックすることをおすすめします。

印刷博物館 Printing Museum, Tokyo

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plainほどよく人がいる状態

 

平日の10半時ごろに行きました。

 

平日ですし、なんせこの印刷博物館の場所がちょっと不便な場所にあるため、そんなに人はいないだろうと思っていましたが。

常に5,6人はいるような状態でした。

そんなに広くないワンフロアーの場所ですので、ガラガラという状態ではありません。

午後や休日はもう少しにぎやかになりそうです。

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain所要時間 どっぷりはまる

 

私の場合は40分。

この後に予定があったのでこれだけしかいられませんでした。

時間に余裕があったら半日はいられたかも(笑)

絵本や学術書料理本などたくさんの種類の本があるので、だれもが気になる一冊をみつけられると思います。

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain展覧会レポート おすすめしたいみどころポイント

 

☝【「世界のブックデザイン」パンフレット】

 

日本と海外の本がたくさん

日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国の7つのコンクールで入賞した本約200点が見られます。

しかもどの本も手にとってページをめくって見ることができます。

 

海外の雰囲気があじわえます

日本の本しか見たことない人にもおすすめ。

海外の本は読むことができなくても、雰囲気や絵、写真で楽しむことができます。なんとなくこの本中国ぽいとか、スイスぽいな~とか感じるはず。

英語の本もあるので、かるく読んでみるのも楽しいですし、新しい言語と触れ合うこともできます。

 

椅子とテーブルがあちこちに

うれしいことに本の飾ってあるすぐそばにテーブルや椅子が用意されています。

手にとってその場で座ってじっくりと見ること・読むことができます。 

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain日本の展示本はこんな本

「第52回造本装幀コンクール」の受賞作品が展示されています。

受賞作品の一部を紹介します。

▼▼全作品一覧はこちらから見られます。

第52回造本装幀コンクール 受賞作品 | 日本印刷産業連合会

 

『the first』 

審査員奨励賞 

装幀者サイトヲヒデユキさん

黄色のたくさんの動物が描かれたかわいい表紙を開くとびっくり。色鮮やかな動物たちに、カッティングされたページにワクワクしてきます。

 

日本印刷産業連合会の2019年『世界でもっとも美しい本コンクール』のページからこの本の表紙がみられます。

世界で最も美しい本コンクール2019 | 日本印刷産業連合会

 

『豪華版 魔法使いの嫁 金糸編』

日本書籍出版協会理事長賞 

豪華版 魔法使いの嫁 金糸篇 (マッグガーデンノベルス)

☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

とにかく金色のゴージャスで美しい本です。

 

『なんでもたしざん』

日本書籍出版協会理事長賞

なんでもたしざん

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

大きなライオンが一匹いる表紙。

なんでもたしざん

なんでもたしざん

 

 

『SHOE DOG』 

日本書籍出版協会理事長賞 

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

 本屋さんに山積みされていた時もあったので読んだことのある人も多いはず。

黒に金って豪華ですよね。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

 

 

『和菓子を愛した人たち』

日本図書館協会賞 

和菓子を愛した人たち

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

?こちらの記事もよんでみて

この本は私も読んで記事にしています。

こちらは和菓子。年配の人や年配の人にも喜ばれる手土産としておすすめのかわいいお菓子です。

pooh70inu.hatenablog.com

 

ピンク色がかわいいけれど、よく見るとちょっと不気味なイラスト。

和菓子を愛した人たち

和菓子を愛した人たち

 

 

『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン』

読書推進運動協議会賞 

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

 真っ黒のなかに窓の明かり、本を読む黒いクマさんが見える表紙。

頭の中に『ホタルの光』の歌がながれてきました(笑)。

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン

 

 

『初級クラウン英和・和英辞典 第11版 シロクマ版』

日本書籍出版協会理事長賞

初級クラウン英和・和英辞典 第11版 シロクマ版

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

こんなにかわいい辞書があるんだと感激。表紙も中もかわいかった。

新学期に辞書を買うならおすすめ。

初級クラウン英和・和英辞典 第11版 シロクマ版

初級クラウン英和・和英辞典 第11版 シロクマ版

 

 

『くままでのおさらい』

昨年度の第51回造本装幀コンクールで日本印刷産業連合会会長賞

2018年世界で最も美しい本コンクール銀賞

くままでのおさらい(美篶堂手製本特装版)

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

レコードが入っているような本です。

くままでのおさらい(美篶堂手製本特装版)

くままでのおさらい(美篶堂手製本特装版)

 

 

ハンディ版の表紙もかわいいですね。

くままでのおさらい(ハンディ版)

 ☝画像をクリックするとアマゾンのページが見られます。

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plain世界のブックデザイン名誉賞

 

今年2019年も『世界で最も美しい本コンクール』よりうれしい報告がありました。

 

 

2019年2月7日~9日にライプチヒ(ドイツ)で行われた『世界で最も美しい本コンクール2019』審査会で、造本装幀コンクールにおいて審査員奨励賞を受賞した「the first」が、栄誉賞に選出されました。
応募作品は32か国から600点以上を数え、その中から最優秀賞の「金の活字賞」1点、金賞1点、銀賞2点、銅賞5点、栄誉賞5点の計14点が受賞しました。

 

◆世界で最も美しい本コンクール 概要◆
1963年より開催している世界でも権威のあるコンクール。国際的な審査員がライプチヒに集まり、世界中から集まった書籍のデザインと製作における最高の成果を評価します。


引用:日本印刷産業連合会のホームページ

 

f:id:pooh70inu:20180807222813j:plainまとめ

 

本好きさん、デザインに興味のある人は大満足できる時間を過ごせます。

私はもうちょっとゆっくりとながめたいのでもう一度見に行こうと決めています(笑)。