読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フードトラックを体験 おいしいサンドイッチを食べよう 映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」の感想

タイトル:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 

採点(お気に入り度)

45点(50点満点中)

感想

評判の良い映画です。主役のシェフが太っちょでイマイチでは?と、それが気になって見る気がおきなかったのですが。やっぱり気になるということで、ようやく見てみました。

最初は、すごい剣幕で怒鳴ったりするけれど、どこか心優しい太ったシェフが芸人の竹山さんにしか見えませんでした。が、評判通り、ストーリーも面白いし、出てくるキャラが魅力的な映画です。

この映画を一言で表すとすると「愛」です。愛情にあふれた映画なんです。仕事も、仲間(友達)、家族、料理にも愛情たっぷりです。

キャラの中では特に、マーティンがかっこよすぎます。先輩想いであり、子どもも男同士の仲間として扱ってくれる。さらに、おもしろいし、仕事もできる最高の男性です。こんな人が職場にいたらいいな~。職場が明るくなりそうです。

もちろん主役のシェフ竹山氏も、最高のシェフであり、父親です。男性としてはどうかな?色気はないかな。

この映画を日本風にアレンジすると、主役のシェフはもちろん竹山さん、テーマソングは忌野 清志郎さんの「パパの歌」にしたいと思います。かっくい~!

それと、おいしそうな料理がずっと見られるのも特典です。

気になったフレーズ

「どうせタダなんだから」と、こげたパンを提供する息子に対して父親であるシェフは、

「俺は欠点が多いが、料理は得意だ。その料理で、ちょっと人を幸せにできる。それはパパの喜びでもある。お前にもそれをわかってほしい」

 自分の得意なことで、人に幸せを与えることができるって嬉しいですね。「ちょっと幸せに」というシェフもかっこいいです。「人へ幸せを与えて、自分も幸せになる」そのためには、自分に妥協をしないことを知ってほしいんですね。父親として。仕事仲間として。 

おススメしたい人・おススメシチュエーション

☑自分が操り人間ではないかと感じた時に。

☑子どもとどうも話が合わないな~と悩んでいる時人へ。 

基本情報

制作年:2015年

制作国:アメリカ

原題:CHEF

書店員を体験 あなた今日本屋さんに行きますか? 読書「書店ガール」感想

タイトル:「書店ガール」

書店ガール (PHP文芸文庫)

書店ガール (PHP文芸文庫)

 

採点(お気に入り度)

35点(50点満点中)

お気に入りフレーズ

女の人だと考え方がちょっと違うじゃない。へんなとこ気を遣わなきゃいけないだろうし、めんどくさいんだよ

仕事場の上司が女だとどう思う?という妻に対して、大手出版社に勤める男性が答えるシーン。

私は、けっこう女だらけの女の上司の社会で働いてきましたが、仲間の男性はみんな植物系でした。女の先輩がひとりの男性を「彼は植物系じゃない、植物だ!」と言い放った時には笑ってしまったぐらい、おとなしい男子の集まりでした。やっぱりガツガツ系男子は、女の上司苦手なのかな~?

私にとっては、女性上司だと書類のすみずみまで指摘したりとか、身だしなみにもうるさかったりとか、費用対効果に対して細かかったりなど、仕事に対して勉強になることも多かったですが・・・・・・。やはり女性目線なのかな?

感想

数年前にドラマ化された作品だな~と思って読んでみました。女性の書店員さん(亜紀)を中心に仕事トラブルや恋愛トラブル、人間関係トラブル、家庭トラブルなどが発生しながらストーリーは展開していきます。

現実でも、こんな風にトラブルが続いたりすることもあります。また、いいことが続いて物事がうまく回り出すこともあります。あるよね~と思えるストーリです。

特におもしろいなと思ったのは、後輩の女性(理子)との関係です。理子の結婚式で喧嘩になるほど最悪の関係だったのに・・・・・・。二人の関係は、女性同士、書店を愛する者同士、他に共通の敵(裏切り男性)を持つことで、協力し信頼しだすようになるのです。

物語ですので実際の仕事に役立つような具体的なことがあるかどうかではなく。自分の心の持ちようや、仕事仲間への敬意、仕事に対しての気持ちを素直に見つめなおそうというフレッシュな気持ちになれたことがよかったです。

★どんな社会に(仕事場でも家庭でも)多少の理不尽さはあるんだ。ということも心のゆとりをもとう。

周りのひとのなにげなさに助けられることが多い人生を嬉しく思っていこう。

社会では、誰もがそれぞれの事情やプライベートを抱えた人間同士の集まりなんだと理解しておこう。

自分が急に足をひっぱられるような立場になったりすることもある世界だと知っておこう。

どんな社会においても、普段からそんな風に思っておけば問題が起きた時にもびっくりせずに立ち向かえます!

おススメしたい人・おススメのシチュエーション

☑仕事や家庭がうまく回らなくなってきたと思った時に。

☑上司になり後輩ができた人に。

茶箱のおススメポイント

①元気がでるお仕事本です。さらっと読む事ができます。

②こんなに上手く物事が運ぶかどうかはわかりませんが。前向きな姿勢は好感がもてます。

③シリーズ化されています。

家具屋さんを体験 IKEAに勝てるか? 映画「ハロルドが笑う その日まで」 の感想

タイトル:「ハロルドが笑う その日まで」 

ハロルドが笑う その日まで [DVD]

ハロルドが笑う その日まで [DVD]

 

 採点(お気に入り度)

37点(50点満点中)

感想

ノルウェーで長年、クオリティの高い家具を売ってきたハロルド。しかし、目の前にIKEAの北欧最大店舗がオープンし、ハロルドの店は閉店に追い込まれてしまいます。しかも、愛する妻まで失ってしまい・・・・・・。ここで、ハロルドの怒りがIKEA向けられ、IKEA創業者の誘拐を決意します。

犯罪だよね?!深刻な内容なんだけれども、笑える展開です。

いい大人のおじいちゃんがハッスルするのは、おもしろくもあります。ハロルドが若かったら、こんなにどこかユーモラスな温かい映画にはならないと思います。そして、ハロルドが、見た目は常識人で上品そうな優しそうな人なので、誘拐という発想を思いつき実行するクレージさのギャップが際立っています。

また、誘拐されたIKEAの創業者とおじいちゃん同士だんだん仲良く?なってくるのも笑えます。二人が裸で抱き合うことも(笑)!!

また、成功していると思われるIKEAの創業者のおじいちゃんにも実際はいろいろな悩みを抱えていることもハロルドはわかってきます。

なんでも、成功すれば(うまくいけば)問題が出てくる。この繰り返しなんです。

深刻な問題を笑いながら見ていられます。明日からまたがんばろうと思えました。

気になったフレーズ

「自分の家は高級志向かよ」

IKEAの創業者の家の家具は高級家具だった!!彼が売っているのはリーズナブルな家具なのに。

IKEAの家具で何回か失敗している私は、実際はそんなもんなんだろうな~と感じてしまいました。デザインはいいんですけれどね。どうも、しっくりこない商品が多い気がします。(扉がぴっちりしまらないとか。)私も、このIKEAの創業者の家に行ったらそんな風に思ってしまいそう。

おススメしたい人・おススメシチュエーション

☑なんだかムシャクシャした日が続いた時に。

☑北欧家具の好きな人へ。

茶箱のおススメポイント

ノルウェー福祉国家として有名ですが、ハロルドが痴呆気味の妻を施設に入れることに悩むシーンでは、やはりお金や施設だけでは片づけられない問題もあるのだな~と感じました。

 

基本情報

制作年:2014年

制作国:ノルウェー

原題:Her er Harold

スーパーウーマンにならなきゃ幸せじゃないの? 読書「働く私の「自分時間」」の感想

タイトル:「働く私の「自分時間」」

働く私の「自分時間」 (アスカビジネス)

働く私の「自分時間」 (アスカビジネス)

 

 

採点(お気に入り度)

37点(50点満点中)

お気に入りフレーズ

 「スーパーウーマン・シンドローム

働く女性として、妻として、母として、理想的な完璧な女性になろうとして頑張りすぎて疲弊していくストレス症状のことです。

 これこれ!やっかいですよね。「勝ちたい」「頑張らなくちゃ」。世の中の雑誌やテレビに取り上げられるスーパーウーマンのような人になれる、ならなくちゃと思ってしまうんです。この本では、

忘れていけない事実があります。マスコミが好んで取り上げる人は、ズバ抜けた特異性を持つ人なのです。

 そうなんですよ!当たり前のことなんだけれど、つい見失ってしまう事実・・・・・・。

社会での自分は、たとえ「ぜひ○○さんに」と言われているときでも、現実は「あなたでなくても大丈夫」なのです。だからこそ、たったひとりでも、「絶対にあなたでなきゃ」という人からのストロークを受けることが大切であり、そういう人との関係は、一生をかけて守っていくべきです。

仕事を辞める(休む)時に「私がいなくなったら(いなかったら)仕事が回らなくなる。仕事場のみんなが困るの!だから辞められない(休めない)!」というあなた。

勘違いがほとんどです。反対にそういう人こそ、みんなから嫌がられている場合が多いことも・・・・・・。

「つい自分を飾っちゃうんだよね~。」

「ま、そんな自分も自分かあ~。」

つい飾ってしまう自分を「私って小心者だけど、人間臭いヤツかもね」と認めることができて、初めて「自分らしさ」を出すゆとりがもてるのではないでしょうか。

  ズキ!!これは、私が若いころからず~~と気になっていることです。今でも、これはスッキリ解消できていない。自分を良く見せたい、かっこいい女性にみせたいという気持ちがどこかしらにある自分が嫌で仕方ないんです。まだまだ「見栄パリ」な自分に落ち込むこともありますが、そんな自分も自分なのか~となんとなく安心できるような気持ちが持てました。

感想

 作者の大美賀さんは、「メンタルジャーナリスト」として活躍されています。

この本は、特に働く女性のストレスとその対処方法を中心に書かれています。世間で取り上げられる勝ち組?の女性たちに憧れて疲れきってしまう女性に幸せですか?と問いかけた第1章に惹かれて読み始めました。

年を取りにつれて、自分に合った生き方がだんだんわかってきた私には、「そうなんだよね~」「そうそうこんな時期もあったな~」と思うストレスが満載に書かれていました。そして、その対処方の考え方や、実践してみたいことなどが具体的に書かれています。もっと、若いころ20代後半~30代に読んでいたら、どんなに助けられただろうと感じました。

私も、頑張りすぎてしまう自分、もっともっとがんばれると思っていた自分がいました。毎日毎日どこかしら具合が悪くて、友達に「何をしているときが一番安心するの?」って聞かれた時に「普段の単調な仕事」と思った自分が悲しく思った頃がありました。

この本を読んでいて、同じように感じていた人(今感じているひと)は大勢いるんだなと思いました。当時は自分ひとりがストレスに負けている気がしましたが、自分の周りにいた友達、一緒に働いていた人も、そんな風に見えない人にも同じようなストレスがあったのかもしれないな~とも感じました。

ストレスはあっても、なかなか人に打ち明けられませんし、病院に行くなんてさらに勇気がいります。そんなときこそ、本を読んだり、人のブログを読んだりすることで助けられることは多いなと思うのです。

この本は、さまざまなストレスに対応していく心の持ちようや方法が細かくかかれていますので、必ずストレス解消法が見つかります。そして、自分なりの生き方になっていくこと。それを、だれかと比べる必要もないことを実感できます。

おススメしたい人・おススメのシチュエーション

☑精神的に疲れているな~と感じた時に。

☑なかなか憧れの自分になれないと思っている人に。

☑目標が達成できなくてイライラしている人に。

 

キーボードの早打ちマスターの参考に 映画「タイピスト」の感想

タイトル:「タイピスト」 

タイピスト! [DVD]

タイピスト! [DVD]

 

 採点(お気に入り度)

37点(50点満点中)

感想

1950年代フランスを舞台に、タイプライター世界大会に挑む女の子の奮闘の話です。もちろん恋愛も関係してきます。

主人公の女の子の洋服がかわいすぎです。

インテリアも素敵ですので、映像を見ているだけでワクワクします。

気になる点は、どうも彼女(ローズ)が好きになる男性(ルイ)の良さがイマイチわかりませんでした。ルックスも性格も。フランス的な「かっこいい」が難しい。この俳優さんロマン・デュリスさんはフランスでは大人気でモテモテだそうです。たくさんの映画にも出演しています。フランスの男性は、髪の毛の薄い?顔が長い?ひげが濃い?ルックスはセクシーなのかも。

映画のなかのルイは、性格は「あまのじゃく」なのかな?好きな女の子は、からかいたくなっちゃう少年ぽいのかも。と良い風に判断しました。そして、口は悪いけれど、自分に自信があるようで本当は臆病なところもあり憎めません。

ちなみに、まったく違う題材なのに、この作品に似ているのが「エースを狙え」。主演の二人が宗像コーチとヒロミのように見えてきます。いつローズが「コーチ!」と叫ぶかと気になってしまう、スポ根映画です。

気になったフレーズ

「こわくてたまらないんだ」と打ち明けたルイに

「みんな同じよ」と答えるマドレーヌ。

 自分の気持ちをローズに素直に言えないルイ。幼馴染の女性マドレーヌに打ち明けた言葉と、マドレーヌの答えが「ズシン」と響きました。

大人になっても、自分を強く大きく見せていても、傷つくのが怖いのはみんな同じなんだなと感じます。

普段はぺちゃくちゃしゃべっていても、きちんと大事なことを伝えられなくちゃ。恋愛だけでなく、仕事でも何でも同じですね。

おススメしたい人・おススメシチュエーション

☑職場にちょっと気になる人がいる人へ。

☑かわいいファッションが見たい人へ。

☑言いたいことが言えない時に。

☑パソコンのキーボードを早く打ちたい人へ。

茶箱のおススメポイント

①1950年代の社会の雰囲気が味わえること。

②フランス人の男性のセクシーさがわかること。

③キーボードの打ち方の参考になるネイル方法を知ること。

基本情報

制作年:2012年

制作国:フランス

原題:Populaire

人との出会いを大切にしたい 読書「リーチ先生」の感想

タイトル:「リーチ先生」

リーチ先生

リーチ先生

 

 採点(お気に入り度)

40点(50点満点中)

お気に入りフレーズ

「個性的」

「誰にも似ていない、ということだよ。そして、自分自身の表現に自信を持つことだ。・・・・・・そうだな、言い換えるなら、誰にも似ていないことにこそ、誇りをもつということだ。」 

ヨーロッパの印象派のモネの絵を見ながら、明治時代の芸術家の仲間「白樺派」が集まって、新しいこれからの芸術について語りあう場面ででてくる言葉です。

「個性」とは何としても見つけようとするものではないと思うのです。なんでも試してみて、自分という表現を身につけていくことが「個性」につながり、それが積み重なってその人の「個性」つまりは「人生」になっていくと感じます。

感想

千葉県我孫子駅前にある石碑です。彼らが「白樺派」の面々です。

こんな風にみんなが揃っている写真をみると、物語に自分も入り込んでしまいます。

物語はタイトルどおりイギリス人の陶芸家バーナード・リーチを先生と仰ぐ若き陶芸家(の卵)亀ちゃんを中心に語られた作品になっています。

私的には「亀ちゃんの青春日記」のような感じです。

亀ちゃんとリーチ先生との関係には、愛情があふれていてほのぼのさせてくれます。師弟関係でもあり、兄弟のような関係にも見えてきます。

明治時代の著名な芸術家が出てくるのも、リアルティあふれて当時の若い芸術家たちのあふれる活気がみえておもしろいです。

舞台は上野(東京)、我孫子(千葉県)、イギリスと リーチの陶芸とともに移っていきます。これも、物語を飽きさせません。

誰もが生きているなかで、さまざまな人やモノ、考え方と出会います。それが人生や考え方を変えてしまうことがあります。私にもきっと、これから新しく出会うだろう人やモノ、考え方があると思うのです。それをおもしろく感じ、それに順応できる自分でありたいです。

おススメしたい人・おススメのシチュエーション

☑人との出会いを大事にしたいと思う人へ。

☑陶芸に興味のある人へ。

☑民藝に興味のある人へ。

☑人生がマンネリだと感じた時に。

茶箱のおススメポイント

①豪華な登場人物。柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司河井寛次郎志賀直哉岸田劉生武者小路実篤といった人たちがリアルに感じられること。

②「民藝」という考えが生まれた背景がわかること。

 

仕事で自分のアイディアを試したいあなたへ 映画「フラワーショウ!」の感想

タイトル:「フラワーショウ!」 

フラワーショウ! [DVD]

フラワーショウ! [DVD]

 

 採点(お気に入り度)

30点(50点満点中)

感想

春になって緑が楽しめるかなと思ったのと、前からガーデニング業界に興味があったので手にとりました。

 

作品は、イギリスの伝統的なコンテスト「チェルシーフラワーショー」に自分好みの庭を出展するために奮闘する女性メアリーの姿が描かれています。

仕事だけを見れば、庭のデザインをしてその庭を作っていくなんて、おもしろそうな仕事です。でも、デザインのセンスも必要ですし、草花の知識ももちろん不可欠ですし、庭作りってお金もすごくかかります。

私はベランダー程度の庭しかないときに、ちょっとガーデニングにはまりましたが、けっこうお金もかかりましたし、維持するのもたいへんでした。特に映画の中ではそんなに取り上げられてはないけれど、重労働だし、虫とかもたくさんいるし、ハチもブンブン飛んでくるし。

映画のなかでは、なんだかやけにメアリーが庭仕事の時に薄着だったり、ありえない失敗(農薬?の量をまちがえたり)をしたりして、ちょっと現実感がうすい作品でもあります。

映画の中では、庭を作る苦労よりも、作るまでのたいへんさを中心に描かれています。その中には、もちろん裏切りや恋愛もあり、定番的的な内容ではあります。展開が「まあ、そうなると思ってました」的に上手い具合に進んでいくので、途中から作品の話に入りこめない部分も多くなってきます。

どうもメアリーが好きになる男性(クリスティ)がゲイぽく見えるのも話に入りこめなかった原因です。

おもしろかったのは、途中でイギリスのチャールズ皇太子役の人が出てくるのですが、中途半端な感じで似ています。ちょっとおバカな発言行動をするのも面白いです。

楽しそうに見える仕事にもたいへんなことはつきまといます。その中で、さらに自分の意思を主張して物事を進めていくことは本当にたいへんなことです。何があっても折れない精神力も必要ですし、協力者の存在は欠かせないことを実感できます。

それぐらい夢中になれる仕事が見つかるといいなとも思います。今の私にとって、一番夢中になれる大事な仕事は、我が家の家事です。私がリーダーですから!!

気になったフレーズ

「アイディアは頭と心の中にある」

「人を利用する強欲な女は山ほどいる。でも、あなたは一人だけ。あなたのマネはできない。それを忘れないで。」

 メアリーが自分のアイディアノートをボスに盗まれてしまった時に、友達が励ましてくれるセリフ。

「そうそう、仕事場ではよくあることだよ。」特に映画の中ではね(笑)と私も思ってみていました。

おススメしたい人・おススメシチュエーション

☑自分の主張する仕事をやり遂げたい時。

☑自分のアイディアが誰かの手柄になった時。(おそろしい!!)

☑自分の好きなことを世の中に表現したい人へ。

茶箱のおススメポイント

ガーデニングの在り方にもちょいちょい触れています。わざわざ遠い国に自然を見に行くのに、自分の家の庭は造られた美しさを強調したしたものを作る人が多いことに問題提起をしていること。

理解はできますけれど、庭は趣味でもありますしね~。野草が好きな人がいれば、バラが好きな人もいますしね・・・。

基本情報

制作年:2014年

制作国:アイルランド

原題:Dare to Be Wild

Dareとは、「あえて・思いきって~する」「~に敢然に立ち向かう」という意味です。なので「自然に立ち向かう」という感じになります。