読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトラー参上!ドイツの現状を知ろう。 映画「帰ってきたヒトラー」の感想

タイトル:「帰ってきたヒトラー」

帰ってきたヒトラー(字幕版)
 

 採点(お気に入り度)

35点(50点満点中)

感想

ヒトラーが、マナー教室で教わっているシーンから始まります。あれ?なんだか始まりが唐突です。DVD「帰ってきたヒトラー」を見ているのかどうか?再確認をしてしまいました(笑)

どれくらい本物のヒトラーに似ているのかはよくわかりませんが、歴史の教科書で見るヒトラーとは似ています。声やしゃべり方も似ているようですが。

メルケル首相の映像も流れます。本物かな~?ヒトラーから、

目下、陰気なオーラのデブ女に託されている

なんて言われちゃっているけれど。

ちょいちょいヒトラーに対してのからかいのシーンがでてきます。

美術大学に落ちたこと。

物語の途中で似顔絵を描いてお金を稼ぐシーンがあるのですが、ちょ~へたくそ?個性的な似顔絵で笑えます。

口髭の形へのつっこみ。

あのへんてこな形の髭は、毒マスクに髭をしまうための形だそうです。本当かい!!とつっこみたくなります。

ヒトラーが現代にタイムスリップしてきた話なのですが、ヒトラーを通して、現在のドイツが直面している問題を問いかけている作品なんだな~と感じました。

気になったフレーズ

「この国ドイツを再び強くする」

あれ?このセリフ聞いたことある?!アメリカのトランプ大統領の決めセリフじゃない?

「引け目があって文句がいえない」

ドイツ国民のセリフです。第二次大戦での引け目から、増える外国人の流入に対して文句が言えないというのです。ドイツでも、移民に対する問題は大きそうです。

おススメしたい人・おススメシチュエーション

★ドイツが好きな人へ。

★世界史を選択している人へ。

★ちょっとニヤ~と笑いたい時に。

 

基本情報

制作年:2015年

制作国:ドイツ

原題:Er ist wieder da