本をプレゼントしよう

贈り物にしたい本をおすすめ

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』京都デートにピッタリな場所を探している人におすすめの本

スキあらば本を読む!

 

京都の魅力は教科書に載っている寺仏閣だけではありません。

 

京都には大正~昭和にかけて建てられた素敵な建物が多く残っていて、今でも利用できるようになっているんです。

 

歴史的な町、京都のなかでもレトロな趣がただよう建物は、デートコースにおすすめの場所です。

 

ステキな建物のなかでおいしいものが食べられる、まさにデートにぴったりの場所がみつかる『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』を紹介します。

 

 

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』

 

 

【著者】甲斐 みのり(著), 鍵岡龍門 (写真)

【出版社】エクスナレッジ

【出版年月】2022年4月

【寸法】単行本 横13.5 x 縦19x 厚み1.7  cmくらい

【ページ数】216ページ

 

● 単子本ですが、軽量なので持ち運びできます。

● オールカラー

● おいしい・素敵な写真が多数

● 建築に関する情報がしっかりある

● 紹介されている名建築は26件

 

アマゾンでは【掲載している名建築+おいしいもの】の全26件のリストがみられます。

<例え①>
名建築:フォーチュンガーデン京都[島津製作所河原町旧本社](河原町御池)
おいしいもの:「パンケーキ」

 

<例え②>
名建築:きんせ旅館(島原)
おいしいもの:「自家製ジンジャーエール」「自家製チーズケーキ」

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』あらすじ

 

 

出版社による本の紹介

 

京都では、風情ある街並みの中に、
数々の見事なモダン建築がしっくりと溶け込んでいます。
レストラン、ホテル、学校、美術館……。
その用途はさまざまですが、
歴史ある美しい建物が、細部まで丁寧に保存・改修されて
今もなお、日常の暮らしの中にしっかりと息づいている。
これは、一千年余りの間古いものと共存し続けてきた、
京都ならではの光景と言えるのではないでしょうか。

この本では、
ドラマ「名建築で昼食を」(池田エライザ、田口トモロヲ主演/テレビ大阪)の
原案となった前作『歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ』と同様に、
中でおいしい食事・お茶・持ち帰りを味わえる、
30軒超の名建築をご紹介しています。
この本と一緒に、名建築やまちあるきを楽しむうちに、
さらなる京都の魅力に引き込まれること、間違いなしです!

 

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』からわかること・学んだこと

 

①デートにおすすめ “おいしいもの”が食べられるステキな名建築

 

おいしいものを食べられる素敵な場所がわかります。

 

②名建築について学べる

 

名建築ごとに、名建築の歴史、建てられた時期、建築家といった名建築の基本から、ぜったいに見るべきモノ(階段、窓、照明など)といった、名建築についてのあれこれがわかります。

 

外観だけではわからない、名建築を利用・体感してこそ気づける名建築の魅力を教えてくれます。

 

③再利用名建物が多いのに驚く

 

歴史のある京都だからでしょうか、改修して再利用されている名建築が多数あります。

 

元々は小学校だった建築が、美術館やホテルになっているのにビックリしました。

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』まとめ

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』は、京都デートにピッタリな場所を探している人におすすめの本です。


京都に詳しくない人でも、おいしいものが食べられる素敵なデート場所を見つけられます。

 

さらにデートの会話のネタになる、名建築についてのウンチクも学べちゃいますよ。

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』は、京都のデート場所を探している人におすすめの一冊です。

 

京都での素敵なデート場所を探している人はぜひ!読んでみてくださいね。

 

▼紹介した本

アマゾンでは【掲載している名建築+おいしいもの】の全26件のリストがみられます。

 

『歩いて、食べる 京都のおいしい名建築さんぽ』の次に読みたい本

 

京都の名建築といえば、国立京都国際会館!

昭和レトロ満載の名建築『特薦いいビル 国立京都国際会館』を楽しめる本です。

 

▼詳しい記事はこちらから