本をプレゼントしよう

贈り物にしたい本をおすすめ

【ココ・シャネル】小中学生におすすめ絵本と児童書で読む5冊!シャネルの自由を求める生き方やメッセージがわかる

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

小中学生におすすめ、シャネルの自由を求める生き方がわかる絵本と児童書5冊を紹介するわ

 

世界中で知らない人はいないとまでいわれる「シャネル」は、女性たちの憧れのブランドです。

 

そのシャネルを生み出したのは、ココ・シャネル。

彼女がどんな人生を歩み、どのようにして女性たちに愛されるブランド「シャネル」をつくりあげたのかを教えてくれる本を紹介します。

 

 

【ココ・シャネル】小中学生におすすめ絵本と児童書で読む5冊

 

f:id:pooh70inu:20220121170155p:plain

 

絵本『小さなひとりの大きなゆめ ココ・シャネル』

 

 

【著者】マリア・イサベル・サンチェス・ベガラ 文/アナ・アルベロ 絵/実川元子 訳

【出版社】ほるぷ出版

【出版年】2021年2月

 

おすすめポイント

● 可愛らしいイラストでシャネルという女性を知る第一歩になる絵本

 

とっても可愛らしいイラストが特徴的な絵本ですが、内容はしっかりとシャネルの歩んだ人生を描いています。

 

お針子(夜は飲食店で歌うこともしていた)から帽子デザイナーに、そして女性が動きやすい洋服を生み出すデザイナーになります。

 

なぜシャネルの服は現在まで世界中の女性たちに愛されているのかが、わかると思いますよ。

 

子ども向きの可愛いイラストながらも、シャネルの生み出した服の特徴をとらえてオシャレに描かれているのも、見ごたえあります。

 

● 小学校低学年から

● 漢字にルビあり

● 巻末:3ページにわたって詳細なシャネルの人生について解説あり(写真つき)

● おすすめシャネル本3冊の紹介あり

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

簡単にだけど、世界中の女性を虜にするシャネルの魅力がわかるわ

自分が着たい服を作るのがシャネルの基本なのね

 

絵本『ココとリトル・ブラック・ドレス』

 

 

【著者】アンネマリー・ファン・ハーリンゲン 著 / 川原あかね 翻訳

【出版社】文化出版局

【出版年】2016年3月5日発行

 

おすすめポイント

● 部屋に飾りたくなるくらいオシャレな絵本

 

シャネルの本だもの、オシャレな本を読みたいですよね。

 

シャネルの今までの当たり前を覆す代表的なデザインとして有名な、リトルブラックドレスが登場します。

 

丈はひざまで、黒一色、飾りのないシンプルで直線的なデザインのドレスは、リトルブラックドレス(「LBD」と呼ばれています)。

ココ・シャネルが生み出したデザイン・言葉です。

 

黒一色のドレスは喪服としてありましたが、華やかな場所でも着られるものと新しく生み出したのはシャネルです。

 

着こなし方を変えればカジュアルにもドレスアップしても着られるうえ、黒一色のデザインは年齢を問わずだれでも似合うドレスとして人気を集め、現在に至るまで女性に愛されるデザインになっています。

 

また、リトルブラックドレスは、シャネルのシンプルなデザインを極めた究極のデザインともいわれています。

 

リトルブラックドレスだけではなく、シャネルがデザインした服は、いろんな不自由に対して、自分が生きたいように生きようとして実現化されたデザインなんだとわかりますよ。

 

● 小学校低学年から(または大人向き)

● 漢字にルビあり

● 日本語としてわかりにくい翻訳箇所があり

 

▼部屋に飾るなら洋書もおすすめです。

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

シャネルは、自分らしい、自分の着たい服をつくるけれど、それ以上に社会の流れに敏感な女性なのよね

 

児童書『時代を切り開いた世界の10人 第7巻 ココ・シャネル レジェンド・ストーリー』

 

 

【著者】中川千英子 (著), 六槻ナノ (イラスト), 高木まさき (その他), 茅野政徳 (その他)

【出版社】学研プラス

【出版年】2014年2月

 

おすすめポイント

● マンガではないが、大きなカラーイラストが満載で読みやすい

● 成功だけではないシャネルの人生がわかる

 

絵本の次に読むなら、この本をおすすめします。

 

シャネルや彼女の人生に関わった友達や、男性たちも、みんな素敵なイラストで登場します。

 

外国人の名前ってわかりにくく覚えづらいため、人物関係を理解するだけでたいへんなんですが、この本は主な人物がイラストで描かれているので、ストーリーがわかりやすく頭に入ってきます。

 

絵本からシャネルの人生に一歩踏み込み、シャネルが成功だけの人生を歩んだわけではないことを教えてくれます。

 

力強くもあり、挫折もあり、別れも、裏切りも成功も経験するシャネルの人生がなぞれる本です。

 

巻末にはシャネルをもっと知るためのコラムがついています。

 

コラム①ココ・シャネル資料館


シャネルの功績、生涯とその時代、かかわりのあった人々など

 

コラム②残した言葉

 

「モードではなく私はスタイルを作り出した」

➡モードは流行、スタイルは人それぞれの考え方、生き方

 

「身につけるのが当然」(コルセットなど)だったものをシャネルはすっかり変えてしまいます。肉体の自由は、心の自由を手に入れることにつながっていくのです。

 

コラム③ゆかりの地

 

● 小学校中学年から

● 難しい漢字にルビあり

● 物語ページはオールカラーで可愛らしい挿絵も多いので読みやすい

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

シャネルが、シャネルらしい人生を歩んだことがわかるわよ

 

『ココ・シャネル 20世紀ファッションの創造者』

 

 

【著者】筑摩書房編集部 (著)

【出版社】筑摩書房

【出版年】2014年11月

 

おすすめポイント

● 子ども向けだけど、かなり詳細にシャネルの人生や考え方がわかる

● 実際のシャネルの写真が満載なので、シャネルの姿を想像しやすい

● 大人が読んでもおもしろい

 

あれだけ世界中の女性たちの憧れの的になっているブランドを生み出したココシャネル。

だけど、実はシャネル自身が語った生い立ちには「作り話」や嘘があるのでよくわかないという不思議な人生からスタートしています。

 

「道をひらいてくれた」貴族の男性との出会い、そして運命の人との出会い、さまざまな男性との出会いや別れが書かれています。

 

そしてもちろん、シャネルが革命をおこした女性の服、香水、アクセサリーといったシャネルがデザインした作品。

シャネルのデザインや生きる道に影響を与えた人たち。

シャネルが大事にしていた考え方。

など、シャネルについて、奥深くまで知ることができます。

 

さまざまま写真でいろいろな年代の実際のシャネルの姿が見られるのが、この本の一番の特徴です。

白黒写真だけど、シャネルの凛とした美しさが実感できますよ。

 

なぜ、シャネルは女性の服の革命者といわれるのかはこの一冊で納得できます。

 

私は、シャネルが15年のブランクを経て復活した理由が「クリスチャン・ディオールの女性らしいデザインの服が気に入らなかった」からという話には、笑えました。

 

シャネルって、勝気な性格だったんですね。

 

巻末も充実しています。

 

①エッセイ:人気作家の川上未映子さんのエッセイ

 

②年表:シャネルの人生が簡単にわかる

 

③読書案内:読むのにおすすめのシャネル本リスト

 

④設問:本の内容からの問題(3問)あり

 

● 小学校中学年から

● 難しい漢字にはルビあり

● ほぼ文字で書かれているが読みやすく、ドラマチックな人生を面白く読める

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

人生のチャンスを見逃さない力に驚くわ 

シャネルは、自分のやりたいことがわかっていた、そんな自分の考えに自信があったからこそ、チャンスをつかめたんだと思うわ

 

『女を磨くココ・シャネルの言葉』

 

 

【著者】高野てるみ 著 

【出版社】マガジンハウス

【出版年】2010年7月

 

おすすめポイント

● シャネルの遺した言葉は、生きる勇気を与えてくれる

● オシャレ好きは必読の一冊

● メッセージはどこから読んでもOK➡朝読書にもおすすめ

 

最後は、大人向きの本を紹介します。

 

小学生にはまだちょっと早いかもしれませんが、ファッションを愛する人みんなにいずれは読んでほしい一冊です。

 

シャネルは「20世紀のもっとも影響力のある女性デザイナー」といわれています。

なぜなら、シャネルは素敵なデザインの服やアクセサリー香水をつくっただけでなく、現代の女性が当たり前のように着ている洋服を作った人だからです。

 

女性の肉体をしめつけていたコルセットをつけない洋服、女性の憧れのシャネルスーツ、ジャージ素材の服、手が自由に動かせるショルダーバッグなどは、世の中の女性に対してだけでなく、シャネル自身が自由に生きるためにつくられたものです。

 

女性たちに自由を与え、自分も自由に生きようとしたシャネルは、多くの名言を遺しています。

 

本にあるシャネルからの力強い60のメッセージからは、シャネルのすさまじいストイックな生き方が伝わってきます。

 

同じ女性に対して、厳しい言葉もあります。

 

華やかなファッション界で生き抜くのはどんなにたいへんだっただろうかと、心が痛くなる言葉もありました。

 

世界をまたにかける女性のあまりにも力強いメッセージに「自分には到底及ばないもの」もありますが、現代に生きる普段の私たちの生活や生き方に役立つメッセージもたくさんあります。

 

人生の岐路にたったとき、なんだかすっきりしない毎日を生きているような感覚になったときに、シャネルからのメッセージを読むと自由に生きていこう、力強く働いていこうと勇気をもらえますよ。

 

シャネルの言葉を参考にして、オシャレを楽しむこともできます。

 

● 中学生くらいから

● 見開き1ページにひとつのメッセージ

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

ファッションは見た目ばかり気にする軽率なものと考えている人は、ガチンと頭をうたれるはず 「ファッションはその人の生き方なんだ」とシャネルは教えてくれたわ

 

まとめ

 

【ココ・シャネル】シャネルの自由を求める生き方やメッセージがわかる、大人にもおすすめしたい絵本と児童書で読む5冊はいかがでしたか?

 

●絵本『ココ・シャネル』

シャネルという女性を知る第一歩になる絵本

 

●絵本『ココとリトル・ブラック・ドレス』

部屋に飾りたくなるくらいオシャレな絵本

 

●『時代を切り開いた世界の10人 第7巻 ココ・シャネル レジェンド・ストーリー』

カラーの大きなイラストが満載で読みやすい

 

●『ココ・シャネル 20世紀ファッションの創造者』

写真(白黒)が満載なので、ストーリーから実際のシャネルを想像しやすい

* 今回一番おすすめの一冊です。

 

●『女を磨くココ・シャネルの言葉』

勇気をくれるメッセージはどこから読んでもOK➡朝読書にもおすすめ

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
茶箱

どの本からも、シャネルの強い生き方や考え方が伝わってきたわ

彼女の生き方を尊敬したけれど、天国では大好きだった人とのんびり過ごしてほしいなと思ったわ(笑)

 

関連記事

【悩める子どもたち】が登場する短編を紹介した記事も合わせて読んでみてね

 

紹介した本