本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

【中学受験で出題】原田マハ『リーチ先生』2019光塩女子中学の入試問題に挑戦!陶芸を極めた男から学ぶ

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

生活に根付いたアート「民藝」の世界が目の前に現れる物語よ

『リーチ先生』原田マハ

 

リーチ先生 (集英社文庫)

 

【著者】原田マハ

【出版社】新潮社

 

2019年光塩女子学院中等科、2020年立教新座中学校の入試問題(国語)で出題されました。

 

原田マハ『リーチ先生』あらすじ・読みどころ

 

プロローグ 1954年

イギリス人陶芸家バーナード・リーチが大分の焼き物の里・小鹿田を訪れる。その世話係を命ぜられた高市は、亡父・亀乃介がかつてリーチに師事していたことを知る。

 

明治~昭和時代の日本

イギリス人の陶芸家バーナード・リーチを先生と仰ぐ若き陶芸家の卵、亀乃介(高市の父)が語る物語。

 

亀ちゃんとリーチ先生は、師弟関係でもあり兄弟のような関係。

互いを思いやる愛情あふれる「亀ちゃんの青春日記」のようなストーリーになっている。

 

エピローグ 1979年

陶芸家になった高市が、心の師リーチ訪ねる。

高市と亀乃介父子の二代にわたる「リーチ先生」との関わりから、生涯をとおして陶芸を突き詰めたリーチの人生がみえる。

 

 

2019年光塩女子学院中等科の入試問題(国語)を解いてみた

 

出題された部分は物語の最初の部分

 
1954年、大分県小鹿田を訪れたリーチ先生のお世話係になった陶工見習いの高市が、リーチ先生から陶芸を教われるとワクワクするシーン

 

民藝活動で有名な陶芸家、濱田や河井についてのリーチの話し

 

リーチが父亀之助から何か遺してもらったかと高市に尋ねるシーンまで

 

*入試問題文章には、リーチ先生と亀之助の関係は書かれていない。

 

●  文章問題量はふつう~多め

➡物語でありながら、陶芸・民藝について語る部分が多い

 

●  記述式あり

 

●  高市の思う陶芸とリーチ先生の考える陶芸の違い

 

●  民藝とは何かを知っておくとわかりやすい

➡民藝が生活に根付いたものであることを知っておくと読みやすい

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱 

原田マハ『リーチ先生』は、”民藝”について書かれた物語だけど、ここでは陶芸について、高市とリーチ先生、ふたりの考えの違いを読み解いていくだけで大丈夫

 

陶芸・民藝という言葉や、著名な陶芸家の名前が出てくると「難しい」と思ってしまうけれど、そこは深く考えず悩まずに!

 

とにかく高市少年になりきって問題を解くのがおすすめ

 

原田マハ『リーチ先生』役立つちょこっとメモ

 

中学受験生へのおすすめ度

 

★(3点満点中)

 

中学受験生が読んでも理解できるけれど、「おもしろい物語」としてまでは読みきれないかなと思う

物語というよりも、リーチ先生を通して「民藝」について学べる本として考えたほうが読みやすい

厚い本で長いストーリーなので、ゆっくり読書の時間がない人にはおすすめしない

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

原田マハ『リーチ先生』が出題された2019光塩女子中等科の入試問題は、記述問題が多かったわ

 

陶芸から民藝活動に興味をもつ高市少年は、中学受験生も共感できる部分が多くあるから、彼の気持ちを読み取るのはわりと理解しやすいんじゃないと思ったわ

 

ただ難しいのは、頭でわかっていることを文章で書きだすことよね 

これはふだんからの慣れが必要ね

 

 *読みどころや試験問題の感想は、あくまでも私個人の意見です。

 

紹介した本はこちら

 

続けて学ぶための本は?

 

日本民藝館へいこう

民藝についてちょっとでも知っておくのがおすすめ 

 

紹介した本リスト