本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

【現実逃避できる本】別世界へ旅をしよう!長期休み期間におすすめ本5冊

あ~疲れた一年もようやく終わりそう

年末年始の長いお休み期間は、現実の世界にちょっとさよならをして、別世界に旅をしてみませんか?

【現実逃避本できる本】5冊を紹介します。

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain

お休みの間、読書パワーで別世界の旅を楽しんできてくださいね

 

f:id:pooh70inu:20201218232440j:plain

 

 

『エヴリデイ』

 

エヴリデイ (Sunnyside Books)

 

【著者】 デイヴィッド レヴィサン (著), 三辺 律子 (翻訳)

【出版社】 小峰書店

 

自分が精神だけの存在である世界

 

となりに座ってテレビを見ている家族や友達に「あれ?今日いつもと違わない?」と感じたら。

もしかして、だれか違う精神がのりうつっているのかも!

 

物体としての人間はいない、精神のみが存在するという不思議なAのはなし。

Aは「違う人」に精神だけが憑依してしまうのです。

そんな精神しか存在しない主人公Aが恋をしてしまう!

主人公Aの想いは通じるのか?

 

切なくも不思議な恋愛物語でもあります。

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

ありえない世界だと思うけれど、ぜったいにありえないとは断言できないよね?

だって毎日会う人に「あれ?」って思う時があるもの

 

不思議な世界の話なんだけど、恋愛物語でもあって心がキュンとなって、切なくもなったわ。

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

エヴリデイ (Sunnyside Books)

エヴリデイ (Sunnyside Books)

 

 

『偶然仕掛け人』

 

偶然仕掛け人

 

【著者】ヨアブ・ブルーム (著)

【出版社】集英社

 

偶然仕掛け人によって偶然が作り出される世界

 

「偶然に出会った、これは運命なんだよ」と思ったことない?

それって本当に偶然だったのかな?

 

指令に基づき、偶然の出来事が自然に引き起こされるよう暗躍する秘密の存在がいた。それが「偶然仕掛け人」だ!

新米偶然仕掛け人のガイは日々業務をこなしていたがそこに困惑する指令が。 

新米偶然仕掛け人ガイにも偶然は起こるのか?

 

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

私と旦那さんの出会いも意図された偶然なのかしら?

それはそれで素敵な出会いだけど(笑)

 

この本を読んだ後は”偶然”について疑っちゃう自分がいるよ

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

偶然仕掛け人

偶然仕掛け人

 

 

『旅のラゴス』

 

旅のラゴス(新潮文庫)

 

【著者】 筒井康隆

【出版社】新潮社

 

異空間・異時間を旅しまくる世界

 

どこでもドアやタイムマシーンを持つドラえもんもビックリする物語!

集団転移、壁抜けなど不思議な体験を繰り返し、出会いと別れを繰り返し、生涯をかけて旅を続ける男・ラゴスが主人公です

 

異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界をめぐるラゴスの生き方を楽しめます。

  

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

どこへ行っても女性にモテモテ男のラゴス

 

どの場所でも、どの時代でも、どの生き物でも生き抜く力をもった男、オスはモテるのよね

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

旅のラゴス(新潮文庫)

旅のラゴス(新潮文庫)

  • 作者:筒井康隆
  • 発売日: 2018/08/10
  • メディア: Kindle版
 

 

『憂鬱な10か月』

 

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)

 

【著者】 イアン マキューアン (著)

【出版社】新潮社

 

だれもが体験済み 母親の胎内の世界

 

母親の胎内にいる赤ちゃんの語りの物語

 

赤ちゃんの耳には、まだ見ぬ母や父など人間世界のさまざまな声が届く。それは幸せに包まれた楽しい話ばかりではなかった。

声の中には犯罪の気配が!赤ちゃんの誕生にも危機が迫る。

どうする?赤ちゃん

 

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

可愛い赤ちゃんの物語と思っているとビックリしちゃうよ

 

胎内にいる赤ちゃんだって生きるのに必死なんだよね 

だれもが経験している胎内の世界

胎内の世界では自分は何をしていたのかな~?

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)

 

 

『ちいさなちいさな王様』

 

ちいさなちいさな王様

 

【著者】アクセル ハッケ (著), ミヒャエル ゾーヴァ (絵)

【出版社】講談社

 

大きくなるにつれ小さくなる王様の世界

 

突然、ぼくの部屋に人差し指サイズの小さな王様があらわれた。

王様の世界では大きく生まれて成長するにつれ小さくなり、最後は見えなくなってしまうという。

不思議な世界を生きる王様との出会いで気づいたことは?

 

ドイツのベストセラー小説。

 

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain
 茶箱

私のお気に入りの本

読む年齢によって感じ方が変わるのではないかと思うので、数十年後にもまた読みたい

 

自分が思ってる常識が通用しない世界だってあるんだよね

 

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ

ちいさなちいさな王様

ちいさなちいさな王様

 

 

紹介した本リスト

 ▼画像をクリックするとアマゾンへ 

エヴリデイ (Sunnyside Books)

エヴリデイ (Sunnyside Books)

 
偶然仕掛け人

偶然仕掛け人

 
旅のラゴス(新潮文庫)

旅のラゴス(新潮文庫)

  • 作者:筒井康隆
  • 発売日: 2018/08/10
  • メディア: Kindle版
 
憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)

憂鬱な10か月 (新潮クレスト・ブックス)

 
ちいさなちいさな王様

ちいさなちいさな王様