本をプレゼントしよう

かわいい本をおすすめする本屋さん

人気絵本『としょかんライオン』 洋書『Library Lion』を読んでみたよ

人気の絵本『としょかんライオン』はアメリカの本です。

 

Library Lion

 

【翻訳本】『としょかんライオン』

【原作本】『Library Lion』

【著者】 Michelle Knudsen (著), Kevin Hawkes (イラスト)

 

図書館が大好きなライオン。

水彩画で描かれたやさしいタッチの絵のライオンが活躍します。

ライオンの表情が、とってもキュートなのが魅力です。 

 

ストーリーもわかりやすくおもしろいので、原書のまま英語で読みたい絵本です。

 

洋書『Library Lion』

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain

ざっくり絵本紹介をしょうかいするよ

 

●タイトル:『Library Lion』

 

●ページ数:ペーパーバックは48ページ

 

●英語文章の量:絵本としては普通~多め

 

●単語:中学生で習う単語がほとんど 難しい単語も出てくるが、前後の単語や内容から推測しやすい

 

●文法:中学生で習うレベル

 

●ストーリー:わかりやすい

図書館に突然現れたライオン。

ルールを守れば図書館を利用できます。図書館の「おはなしタイム」が大好きなライオンですが、ある日事故がおきて、ライオンは図書館のルールを破ってしまいます。

もうライオンは図書館に来られないのでしょうか?

 

英語で書かれた原作絵本『Library Lion』は、日本でも手軽に手に入りますよ。

お安めの価格で楽しめるペーパーバック版もあります。

 

人気のある絵本なので、YouTubeでもアメリカ人による読み聞かせなどがあります。それを利用して英語の発音を聞くのも可能ですよ。

 

 ▼紹介した絵本(洋書) 画像をクリックするとアマゾンへ

Library Lion

Library Lion

 

 

さらに詳しく洋書『Library Lion』

 

タイトルはそのまんま翻訳されています。

 

文は量が多く見えるが、一文一文が短いので読みやすい。

文に多く登場する長い単語は、Miss Merriweather と人の名前だったりします(笑)。なのでビビらずに読み始めましょう。

 

英語を習っている小学生・中学生が読める絵本

絵をみれば、おおよそのストーリーがわかるので読みやすいと思います。

 

ポイントになる文法

 

letをつかった使役動詞の文が出てきた!

使役動詞が苦手な人は多いかもしれませんので、ここでしっかりと慣れておきたいですね。

 

He let small children stand on his back

 

覚えたい単語

 

図書館・本に関する単語

 

library

circulation desk

stacks (図書館の)書架

encyclopedia

story hour

shelves

overdue notice 

 

難しいなと思った単語

 

sniff ふんふん嗅ぐ

roar  ほえる

stern 厳格な 

furry  毛皮でおおわれた

lick   舌でなめる

scowl  (怒って)顔をしかめる

twitch  ぴくぴくうごかす

frown (考え事をして)顔をしかめる

whine  (犬など)鼻をならす声

 

見慣れない単語でも文章や絵からおおよその推測はできます。

 

覚えたい言い回し

 

● I thought you might like to know

 

●  No running

 

さっそく絵本を開いて、英語でライオンのいる図書館の世界を楽しみましょう。

 

 ▼紹介した絵本(洋書) 画像をクリックするとアマゾンへ

Library Lion

Library Lion

 

 

日本語の翻訳本もおすすめですよ。

 

 ▼紹介した絵本(洋書) 画像をクリックするとアマゾンへ

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)