本をプレゼントしよう

かわいい本をおすすめする本屋さん

吉田修一『国宝』壮大な歌舞伎役者の物語 オーディブル版もおすすめ

吉田修一『国宝』(上・下)

 

f:id:pooh70inu:20200708144103j:plain

【著者】吉田修一

【出版社】朝日新聞出版

 

f:id:pooh70inu:20190424190008j:plain

ざっくり本紹介

 

 華やかな歌舞伎役者の紆余曲折の一生涯が書かれた本

 

 歌舞伎役者という男を支える(関わる)女たちの強い生き方も読みごたえあり

 

 血がつながっていようがいまいが関係なし。お互いを想い合う家族の温かさが泣ける

 

 友情物語であり、家族の物語であり、女たちの生き方の物語でもある

 

 歌舞伎界のプリンス5代目尾上菊之助のナレーションによるオーディブル版もおすすめ

 

 ▼紹介する本 画像をクリックするとアマゾンへ

国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

  • 作者:吉田修一
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本
 
国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

  • 作者:吉田修一
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本
 

 

 壮大な物語だ。

 

上下にわたって青春篇、花形編と続く物語。

 

ある歌舞伎役者の生涯が書かれています。

 

長崎の反社会の一家の息子として生まれてきた喜久雄。

父親の死をきっかけに、大坂の歌舞伎役者の半次郎の家に預けられることになり、運命は急激に変化をします!

 

半次郎の息子の俊介と競い合うように歌舞伎の世界にのめりこんでいくのですが。

 

俊介との確執、華やかな世界でのいじめ、後ろ盾のいない歌舞伎一家のひもじさ、なにがなんでも歌舞伎をやりたいという執念、歌舞伎にとりつかれていく生きざま

 

芸に対するまっすぐな気持ちがすがすがしい青春時代から、

 

芸を突き進むのにはコネが必要になる汚れた現実を知る壮年期

そして芸にひたすらうちこむ中年、熟年期と

歌舞伎一筋の生涯がドラマティックに書かれているので、読んでいる自分も同じように時間を経過しているような気分になれます。

 

そんな生涯のなかで血のつながりをも超える家族との関係や、友情ともいえる生涯にわたる付き人との関係、若い頃に知り合った仲間とのつながりなど。

裏切られることもあれば、信じられる人も存在する。

世の中は甘くはないけれど、上手くいくときだってある。

 

この本を読んだ後、もし自分が何かに成功したなら、それは自分だけの努力や頑張りだけではない。周りのだれかの協力や信頼があってこそのものなんだと思うようになるはずです。

 

喜久雄の努力や頑張りは、必ずだれか(友達やら家族やら)に支えられているモノだったからです。

天賦の才能を持った喜久雄ですらそうなのです。

 

 

傍目には歌舞伎役者の家族というのはどこも仲良さそうに見えるようでございますが、それはまさにジャングルの獣の一家と同じで、仲が良いのではなく、この生き死にがかかった世界を、一丸となって生き抜いていかなければならないからでございましょう。

【引用:『国宝(上)青春篇』P.246】

 

 

特に女性(家族)の支えは大きなものでした。

表立って喜久雄を支える女性もいれば、陰ながら喜久雄を支える女性、喜久雄の心のよりどころとなる女性。

それぞれの女性が自分の立場から喜久雄を応援し支え続けます。

女性の強さとたくましさが、喜久雄の人生には欠かせないものでした。

 

それにしても、喜久雄は女運がいいな~と感じましたよ。

(女性で人生や芸をダメにしてしまう人もいますものね)

 

実はこの小説、結末がすっきりしないまま終わってしまうのですが、それがまた読者の私たちの心に余韻をもわ~と残すことになり、物語はこのまま終わらない続いていくような気分になります。

 

歌舞伎の世界、芸にかける男の生涯が心にずっしりと響きながらの読了となりました。

 

それこそまるで、長いお芝居を見続けているように本を読んでいたと思います。

 

本を読むと新しい世界が見えてくる、本でしか味わえない世界に入りこめる。

そんな読書の楽しさを改めて教えてくれる本でした。

 

なんとこの本、歌舞伎界のプリンス5代目尾上菊之助さんのナレーションによるオーディブル版になっています。

 

父に人間国宝 尾上菊五郎さんを、義理の父に人間国宝 中村吉右衛門さんを持つ、ダブル人間国宝の系譜を受け継ぐ尾上菊之助さんが、あの気品ある語り口で朗読をしてくれる、豪華ですてきなオーディブル版。

 

目で読むよりもさらに歌舞伎の世界が大きく目の前に現れるような気分を味わえます。

ぜひおすすめです。

 

 ▼オーディブル版はこちらから

国宝 下 花道篇

国宝 下 花道篇

  • 作者:吉田 修一
  • 発売日: 2019/12/13
  • メディア: Audible版
 

 

▼今回紹介した本 画像をクリックするとアマゾンへ

国宝 (上) 青春篇

国宝 (上) 青春篇

  • 作者:吉田修一
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本
 
国宝 (下) 花道篇

国宝 (下) 花道篇

  • 作者:吉田修一
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本