本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

書店ミステリー大崎梢『配達あかずきん』+次に読みたい本はコレ!

f:id:pooh70inu:20200510134752j:plain

 

本好きさんが大好きな場所本屋さんで事件が起きる!

書店ミステリーを紹介します。

 

『配達あかずきん』を読んだら、つながりのある本を選んで読書をつなげていきましょう。

 

 

『配達あかずきん―成風堂書店事件メモ 』

<作者> 大崎梢さん

<出版社> 創元社

殺人が起きない書店ミステリー

 

あらすじ

 

殺人の起きない短編ミステリーが5編入った本です。

 

5編とも舞台は書店。

しっかり者の書店員・杏子さんと、勘の鋭いアルバイト・多絵ちゃんが、さまざまな謎に取り組んでいくミステリー小説です。

 

暗号モノ、恋愛もの、「ねえさん事件です」系の5作品がはいっています。

 

ミステリーのパターンが違うストーリーが、アットランダムに並んでいるので、読み手を飽きさせません。

 

書店に行きたくなるミステリー

  

簡単ミステリーだろうと侮って読み始めたのですが、ストーリー展開が思わぬ方向へ進んでいき、気づくとストーリーにハマっていました。

 ひと作品読んだら次へ次へと夢中になってしまいます(笑)

 

おうちで読んでいたらあっという間に時間が過ぎていました。

 

女子のコンビ探偵が、女子目線でミステリーを解決していくのも、この本のおもしろさの魅力です。

二人のコンビ探偵といえばホームズとワトソンが有名ですが、この女子二人の探偵もデコボココンビでありながらも、お互いの優れた点を理解しあったナイスコンビになっています。

 

舞台が書店ならでは、ミステリーのキーとなる本、ストーリーのあちこちに出てくる本は実際に出版されている本がほとんど。

ミステリー解決とともに、ストーリーのなかに自分の知らない本がでてくると、それはどんな本なのかが気になってしまいます。

本を読みながら、読んでみたいブックリストが作りたくなりますよ。

 

書店あれこれネタもストーリーに組み込まれているので、なんだか自分もこの小説の舞台になっている書店・成風堂で働いているような気分になれるのも楽しかったです。

 

私はマンガ『あさきゆめみし』がキーになるミステリーが一番気に入りました。

光源氏のようにモテモテの男の子が恋をしていたのはだれ?

数十年後に明らかになる二人の秘密、二人をつなぐ短歌がとっても素敵です。

 

とにかく「あ~早く本屋さんに行きたい。」と思う本でした。

 

中学生や高校生でも読めるレベルの本なので親子でも楽しめる本です。

 

シリーズものの1作目で続編もあります。

 

つながる読書1 舞台が書店

 

『書店主フィクリーのものがたり』

《作者》 ガブリエル ゼヴィン (著), 小尾 芙佐 (翻訳)

《出版社》 早川書房

 

日本を離れて遠い海外の小さな島の書店のはなしを読んでみませんか?


一人で本を売っていた店主のフィクリーの書店の中に置かれた幼児の女の子マヤ。フィクリーは彼女を独りで育てる決意をするのですが。

マヤをきっかけに育つ島の人々とフィクリーの人間関係、そしてそこから人々と本との関係が生まれてきます。

人と人、人と本がつながる物語です。

 

読んだ後に、とってもあたたかい気持ちになれます。

ひとりでなんとなくさみしいなと思ったときにおすすめの本です。

 

つながる読書2 女子コンビ探偵

 

 

 

『ランチ探偵』

《作者》 水生大海

《出版社》 実業之日本社

 

大仏ホーム経理課の女子二人、麗子とゆいかの探偵コンビ

というか、謎はほとんどゆいかが解くのですが(笑)

 

麗子がセッティングするランチ合コンに参加するゆいかはミステリー好き。

合コン相手が話題レベルで話すようなミステリー(相談ごと)を現場を見ることなく、合コンランチの間に見事にゆいかは解決してしまうのです!

 

ランチにセッティングされる合コン。

毎回どんな男性と合コンするのか?どんなランチメニューなのか?も気になります。

おいしいお料理とかっこいい男性とミステリーの3大要素がつまった本です。

 

2020年にはドラマにもなりましたよ。

 

つながる読書3 トリックが似ている?

 

『夢見る帝国図書館』

《作者》 中島京子

《出版社》 実業之日本社

 

ネタバレになってしまうので本のタイトルだけ紹介しておきます。

『配達あかずきん』の5編中の1作品と謎ときのトリックが似ています。

本好きさんには、このトリックわかりやすいのかもしれませんね。

 

まとめ

 

書店ミステリー『配達あかずきん』を読んだ後には、ぜひ次の読書につなげてみてくださいね。