本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

家庭学習にぴったり! 同じテーマの本を親子で読んでみよう

子供と同じテーマを、大人が楽しめる学べる本を紹介します。

 

f:id:pooh70inu:20200918173146j:plain

 

親がおもしろいことは、子どももおもしろく感じてくれるはずです。

 

同じテーマの本を親子で読めば、それが家庭内での会話になりますよ。

 

【参考ホームページ:福音館書店の「かがくのとも+1」サイト】

▼福音館書店「かがくのとも+1」ページはここから。

https://www.fukuinkan.co.jp/kagakunotomo50/plus1/

 

 

 

テーマ:食べる1

  

子ども向け本『あずき』

 

あずき (かがくのとも絵本)

[著者] 荒井真紀(さく・え)
[出版社] 福音館書店

 

大人が楽しめる本『和菓子のアン』

 

和菓子のアン (光文社文庫)

[著者] 坂木司
[出版社] 光文社

 

 

テーマ:あそび

 

子ども向け本:『てじなでだましっこ』

 

てじなでだましっこ (かがくのとも絵本)

[著者] 佐伯 俊男 (著, イラスト)
[出版社] 福音館書店

 

おり紙やハンカチ、輪ゴムなど、身近なものを使ってできる手品を教えます。小さな子どもでもできます。

 

大人もやってみたくなる不思議な手品もありますよ。こっそり子どもに隠れて先によんでみては(笑)

 

大人が楽しめる本『黒後家蜘蛛の会』

 

黒後家蜘蛛の会1【新版】 (創元推理文庫)

[著者] アイザック・アシモフ (著), 池 央耿 (翻訳)
[出版社] 東京創元社

 

弁護士、暗号専門家など六人からなる「黒後家蜘蛛の会」。彼らの晩餐会では毎回ミステリじみた話題で盛り上がり、皆が探偵のごとく真相を暴こうとしますが。

結局、常に真相を言い当てるのは給仕のヘンリー!

というオチがつく連作推理短編集。

1976年に刊行され2018年に新版がでました。シリーズ化していて5冊の本がでていますよ。

 

テーマ:からだ 

 

子ども向け本:『おなら』

 

おなら (かがくのとも絵本)

[著者]長 新太(さく)
[出版社]福音館書店

 

大人気イラストレーター長新太さんの絵本

ちょっと恥ずかしいと思いがちな”おなら”への考えが変わるかも。

おならの仕組みを学べて、おならの音も楽しめる絵本です。

 

大人が楽しめる本:『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』 

 

新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)

[著者] 福岡伸一
[出版社] 小学館

 

動的平衡とは何ぞや?と思ったら、著者の福岡先生の人気書『生物と無生物のあいだ』と合わせてセットで読んでほしい。

 

世界がウィルスとの戦いに挑んでいる今こそ、親子で生命について考えたいですね。

 

テーマ:身近な生きもの

 

子ども向け本:『やぶかのはなし』

 

やぶかのはなし (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

[著者] 栗原毅

[出版社] 福音館書店

 

大人でも毎年のように悩む蚊問題(笑)

今まで蚊取り線香などで蚊を撃退していましが、実は蚊について何も知らないことに気づきました。

そうだ!蚊について知ればもっと対処策があるのでは。

夏がくるまえに”蚊”について知っておきましょう。

 

大人が楽しめる本:マンガ『虫けら様』 

虫けら様 (ちくま文庫)

[著者]秋山あゆ子

[出版社]筑摩書店

 

もし虫の目線で生きてみたら・自分が虫だったら、と思わせてくれるマンガです。

次に虫と会ったら、友達と会ったときのように声をかけてしまいそう。

 

テーマ:のりもの

 

子ども向け本:『むかしのしょうぼう いまのしょうぼう』

 

むかしのしょうぼう いまのしょうぼう (かがくのとも絵本)

[著者] 山本 忠敬(さく)
[出版社] 福音館書店

 

消防車が大好きな子必読!

赤くてウーウーとうなりながら走る消防車はかっこいいですよね。

 

ロボットみたいにかっこいい消防車って、昔はどんな車だったのか気になりませんか?

 

大人が楽しめる本:『江戸→TOKYO なりたちの教科書』

 

江戸→TOKYO なりたちの教科書: 一冊でつかむ東京の都市形成史

[著者] 岡本哲志

[出版社] 淡交社

 

江戸からTOKYOを散歩しながら探る一冊。

古地図・史料・風景写真をフル活用しながら過去と現在の東京がわかります。

未来はどんな東京になっているんでしょうかね~?

 

テーマ:食べる2

 

子ども向け本:『平野レミのおりょうりブック』

 

平野レミのおりょうりブック―ひも ほうちょうも つかわない (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)

[著者] 平野 レミ (著), 和田 率 (イラスト), 和田 唱 (イラスト)

[出版社] 福音館書店

 

火も包丁もつかわない!料理が紹介されています。

さすが平野レミさんと言いたくなる本。

 

パンにバターを塗ってマヨネーズを塗ってハムをのせるだけでも子どもには料理ですものね。

明日のランチはこの本のレシピで子どもにつくってもらってはいかが?

 

大人が楽しめる本:『一汁一菜でよいという提案』

 

一汁一菜でよいという提案

[著者] 土井善晴 (著)

[出版社] グラフィック社

 

こちらは平野レミさんと同じようにテレビでおなじみの料理研究家土井善晴さんの本です。

読んでいると、テレビで見るユニークな先生の語り口が聞こえてきそう(笑)

 

「生きると食べる」ことをもう一度自分自身と語り合いたくなります。

インスタのために料理をつくるのがつらい人(笑)、ぜひ読んでみてください。

 

テーマ:考える

 

子ども向け本:『だいこん だんめん れんこん ざんねん』

 

だいこん だんめん れんこん ざんねん (かがくのとも絵本)

[著者] ハーラル ストルテンベルグ (著), さとう あや (イラスト)
[出版社] 福音館書店

 

大人気の加古里子さんの絵本です!

外側からはわからない断面は子どもも興味しんしんになるはず。

食べものだけではなく、建築物や海まで切ってしまっていますよ(笑)

 

大人が楽しめる本:『火星の人類学者』 

 

火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者 (ハヤカワ文庫NF)

脳神経科医サックス先生と7人のストーリー。

 

サックス先生の愛のある話しに引き込まれてしまい、あっという間に読んでしまいます。

結局人間ってなんなんだろう?

健常ってどういうことなんだろう?

読む終えた時、障害を持っている人への考え方が変わるかもしれません。

 

テーマ:自然を知る

 

子ども向け本:『どんぐりかいぎ』

 

どんぐり かいぎ (かがくのとも傑作集 どきどき・しぜん)

[著者] こうや すすむ
[出版社] 福音館書店

 

どんぐりがたくさんなる年と、少ししかならない年が、一年おきにあります。

どうして?

なぞなぞのような謎がこの絵本を読めばわかりますよ。

「不思議だな」と思っていたことを考えるのって面白いですね。

 

大人が楽しめる本:『植物は知性をもっている』

 

植物は〈知性〉をもっている 20の感覚で思考する生命システム

[著者] ステファノ・マンクーゾ (著), アレッサンドラ・ヴィオラ (著), 久保 耕司 (翻訳)
[出版社] NHK出版

 

本の帯に伝説の?NHKドラマ『ベランダー』の作者いとうせいこうさん推薦の文字があります!

これはかなり気になりますね(笑)

 

植物は生きている(だから枯れるわけで)のだから、知性もあるのではと思いますよね。

たしかにこの波乱万丈な地球上で長い間生きている植物たちにはなにか知恵があるのでは?

植物を見る目が変わってしまいそうな本です。

明日から植物と友達になれるかも。

 

参考HP「福音館書店」かがくのとも+1 について

 

「かがくのとも+1」はスゴイ!

 

同じテーマの本を親子で楽しめるためのブックリストになっているんです。

 

大人向け【+1ブック】のジャンルは小説、エッセイ、専門書など多岐にわたります。 

リアル本屋さんでもなかなかお見かけしない配架方法ですよね。

 

親子で読書を楽しむことを考えてくれますよ。

 

大人の私は大人向けの本から本を選んでいたのですが、となりに子ども向けの本が並んでいると、どーしても子供向けの本も気になりますね(笑)。

大人の目から見ても、子どもの本って面白そうなものが多いんですよね~。

 

紹介した本リスト
あずき (かがくのとも絵本)

あずき (かがくのとも絵本)

  • 作者:荒井 真紀
  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: 単行本
 
和菓子のアン (光文社文庫)

和菓子のアン (光文社文庫)

  • 作者:坂木 司
  • 発売日: 2012/10/11
  • メディア: 文庫
 
てじなでだましっこ (かがくのとも絵本)

てじなでだましっこ (かがくのとも絵本)

  • 作者:佐伯 俊男
  • 発売日: 1991/10/10
  • メディア: 単行本
 
おなら (かがくのとも絵本)

おなら (かがくのとも絵本)

  • 作者:長 新太
  • 発売日: 1983/08/20
  • メディア: 大型本
 
やぶかのはなし (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

やぶかのはなし (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

  • 作者:栗原 毅
  • 発売日: 1994/05/20
  • メディア: 単行本
 
虫けら様 (ちくま文庫)

虫けら様 (ちくま文庫)

 
一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

  • 作者:土井 善晴
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)