本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

タロー書房:東京日本橋(コレド室町) あの巨匠岡本太郎さんと関係あり

不思議なことに外の道路を歩いていても気づかない本屋さんが、東京日本橋にあります。

 

なぜかというと、地下に入口があるからです(笑)

 

f:id:pooh70inu:20201113213357j:plain

 

東京メトロ「日本橋駅」を降りてすぐ。商業施設コレド室町の地下1階にあるお店が「タロー書房」です。

 

雨の日や、冬の寒い日、夏の暑い日には特におすすめの本屋さんですよ。

 

 

タロー書房:東京日本橋(コレド室町)

 

都内のど真ん中にありながらも、ワンフロアーで広々した本屋さん。

 

スーツケースやベビーカーも通ることができる、通路も東京都心部の本屋さんとしては十分な広さがあります。

 

f:id:pooh70inu:20201113213338j:plain

 

入ってすぐの本棚

新刊本やフェアー中の本が山積みに置かれています。

話題の本や人気の本はこのあたりで見つけることができます。

 

レジ周辺の本棚

入り口入って左側にレジがあり、レジの前の本棚にはオフィス街にある本屋さんらしくビジネス本が数多く並べられています。

その向かい側には人文(小説など)が並びます。

 

レジの向かいの本棚

レジ周辺の本棚の通路を挟んでとなりの棚は雑誌系。雑誌の種類は多種多様にそろっています。

ビジネス系から女性向けなど充実しています。

 

奥の本棚 

さらに奥に進むと本棚が6本、壁にも棚が並んでいます。

ここにはコミック(少なめ)、文庫、語学、旅行ガイド、女性向け美容本などの本が置いてあります。

 

さらに奥の本棚

一番奥のスペースには、子ども向け絵本と美術系の本の棚あり。

子ども向けフェアー本の山積み棚もあり、ここには季節のイベントなどによって内容が変わります。

一番奥には3人がけくらいのベンチが一つあります。

 

タロー書房と岡本太郎氏の関係は?

 

レジの上にあるお店の看板「タロー書房」というお店の名前の文字を書いたのはあの日本を代表する巨匠、岡本太郎氏です。

 

見逃せないのは、わかりにくいのですが「タ」の文字の左上にある黄色の円。

 

見えますか?

よくよく見ると目と口があり、顔になっているんです(笑)。

岡本太郎氏のチャーミングさが伝わってくるデザインです。

 

「川崎市岡本太郎美術館」のホームページによると、「タロー書房の初代社長が書店を開業する際に、店舗の看板用の文字を岡本太郎氏に依頼し制作されたもの(初代社長は岡本一家と縁があり)」だそうです。

 

▼▼川崎市岡本太郎美術館のホームページはこちら

トップページ⇒太郎入門⇒岡本家の人々⇒岡本太郎⇒訪れる(作品マップ)⇒関東・東京からタロー書房にたどり着きました。

川崎市岡本太郎美術館

 

大人気のタロー書房のブックカバー

 

本を購入したときに本につけてもらえるブックカバーも芸術的。

(こちらは岡本太郎氏のデザインではありません。)

 

f:id:pooh70inu:20201113213526j:plain

 

ブックカバーのデザインは、九州新幹線「つばめ」のデザインなどで知られる水戸岡鋭治氏が手掛けています。

 

ちなみに、タロー書房の内装を手がけたのも水戸岡氏です。

【参考:「日本橋三井タワー」ホームページ】

 

このブックカバーには、岡本太郎氏の”タロー書房の文字”と””タロー顔マーク”がついていますよ。

うれしいことにブックカバーとおそろいのしおりももらえます。

 

このブックカバーを目当てに本を買う人もいるぐらい人気があります(笑)。

カラーのブックカバーって、かなりめずらしいですよね。

 

タロー書房で気になったおすすめの本

 

『いちばんやさしい美術鑑賞』

いちばんやさしい美術鑑賞 (ちくま新書)

 

【著者】青い日記帳

【出版社】筑摩書房

 

 

美術ブロガー青い日記帳さんの書いた、美術・アート初心者に向けての本。

西洋美術も日本美術についても書かれているので、この1冊を読めば、アート通の第一歩になります。

美術の展覧会に行くのが楽しくなる鑑賞ポイントなども書かれています。

 

『エコノミックス――マンガで読む経済の歴史』

 

エコノミックス――マンガで読む経済の歴史

 

【著者】マイケル・グッドウィン (著) ダン・E・バー (イラスト) 脇山 美伸 (翻訳) 

【出版社】みすず書房

 

大手銀行や証券会社が並ぶ日本橋の本屋さんで買うのにふさわしい一冊!

 

マンガで形式で350年にわたる世界経済の歴史と今を語る本。

高校生ぐらいでも読めそうな本でしたので、経済学を学んでこなかった大人でも経済アレルギーなく読めると思います。

 

本の帯には、なんと『テルマエロマエ』の作者ヤマザキマリさんが「何度でも何度でも繰り返し読みたい気持ちに駆られる、解りやすくて面白い経済史の大傑作!」とコメントをよせていました。

 

この本は「イタリアブックフェア―2019」でも販売しているのを見ました。

人気のある本ですよ。

▼「イタリアブックフェア2019」記事はこちら。読んでみてね。

 

まとめ

 

地下にあるのでわかりにくいのですが、東京日本橋に行ったらぜひ岡本太郎さんとの繋がりのあるタロー書房にいってみてくださいね。

 

タロー書房でお気に入りの本を買って、かわいいブックカバーをつけてもらったら、その本をもって近くにあるカフェで読書するのもおすすめです。

地下にもカフェはあるので天気の悪い日は外に出ずにすみますよ(笑)

奥様の買い物を待つ男性にもおすすめの本屋さんです。

 

基本情報

●住所:中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町B1

東京メトロ銀座線「三越前駅」改札脇

▼▼タロー書房のホームページはこちらです。

タロー書房

 

今回紹介した本はこちら

▼画像をクリックするとアマゾンへ

いちばんやさしい美術鑑賞 (ちくま新書)

いちばんやさしい美術鑑賞 (ちくま新書)

 
エコノミックス――マンガで読む経済の歴史

エコノミックス――マンガで読む経済の歴史