本をプレゼントしよう

贈り物にしたい!かわいい本をおすすめする本屋さん

Readin’Writin’:東京・田原町 見たこともない面白そうな本がざっくざく

 

Readin’Writin’は、女性ファッション雑誌「Oggi」2018年10月号にも掲載されているほどの話題の本屋さん。

 

実は何回かお店の入り口まで行って、なんとなく入りづらくて中に入れていないお店です。

ドアがドラえもんの「どこでもドア」ぽい、普通の部屋に入るようなドアが開けにくくて(笑)。

 

今回は、休日に旦那さんと一緒に行ってみました。

 

 

Readin’Writin’:東京・田原町

 

個人の小さなお店って、このお店に関わらずちょっと入りにくいんですよね~。

でも、とにかく入ってみなくては(笑)

 

 

外から中をのぞくと、いきなり『田原俊彦論』が並んでいる!

 

これがこの本屋さんのウリなんだろうか?私の趣味と合うかしらとちょっと不安に(笑)

 

いやいや、とにかく今日はぜったいに中に入ると決心。

 

 

中に入ると細長く奥に広がった本屋さんになっています。

中側には低めの本棚が並んでいるので、広いお店ではないのですが、ゆったりした空間が広がっています。

 

今流行している売れ筋の本がそろっているわけではなく、お店独自の視点で選んだ本が並んでいるようです。

 

本屋さんの奥には、たくさんの絵本が表紙をみせるかたちで並んでいますし、あちこちにおしゃれなポスターが置いてあったりと、おしゃれなお店です。

 

出会った本

 

『なるべく働きたくない人のお金のはなし』

 

著者は大原扁理さん。

『年収90万円で東京ライフ』『20代で隠居 週休5日の快適生活』に続く3冊目の本です。

 

購入した本

 

手作りの冊子が入り口付近に何冊か置かれています。

 

普通の本屋さんでは、なかなか見ることのないもので気になります。

 

その中から、かわいい表紙の一冊『私の好きな映画~がんばれ女の子編~』(絵と文:亀石みゆき)を購入しました。

 

 

映画の感想をかわいい絵と一緒に紹介してくれているもので、紹介されている映画が好みの映画ばかりなことが気に入りました♡

 

紹介している映画は、『小野寺の弟 小野寺の姉』や『マルタの優しい刺繡』などなど9作品。見たことのない映画もあるので、この秋にのんびりDVDで見たいなと思っています。

 

この冊子の絵と文を書いている、亀石めぐみさんのホームページもすごくかわいいです。

 

まとめ

 

普通の本屋さんではなかなか出会えない本に、ばったりと出会うことのできる本屋さんです。

 

最初は入りづらかったのですが、入ると時間を忘れていろいろな本を手にとって見てしまい、本の世界にどっぷりとつかってしまいました。魅力的な本がたくさんあるので、本好きの人と一緒に行って、「こんな本があったよ」と見つけあいっこしたりするのも楽しいですよ。

 

★★★基本情報★★★

●住所:〒111-0042 東京都台東区寿2-4-7

最寄り駅は、東京メトロ田原町駅になります。

 

▼▼Readin’Writin’のホームページはこちらです。

Readin’ Writin’ BOOKSTORE – Readin’ Writin’ BOOKSTORE