本をプレゼントしよう

かわいい本をおすすめする本屋さん

GWにやりたいこと 日常を変えるお気に入りの器をさがそう

いらっしゃいませ。

夢の本屋さん「茶箱」に新しい本を一冊入荷しました。

f:id:pooh70inu:20190408160040j:plain

 

『器の教科書』

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

☝画像をクリックするとアマゾンへ。

 

松原亨(編集) / マガジンハウス

定価 :1404円(税込)

発売日 :2017/8/26

 

こんな人・時におすすめ

✔毎日使う器に興味がある人

✔生活をお気に入りのもので楽しみたい人

✔休みに何かをやりたいと思っているとき

 

お気に入りの器で生活を変えてみよう

『器の教科書

おうちにある器はお気に入りのものですか?

毎日の生活で使っている器を

お気に入りのものに変えるだけで生活が楽しくなる

器で生活を変えてみよう

f:id:pooh70inu:20190211004151j:plain
 茶箱

「教科書だよ。大人だって勉強したいんだ」

 

 『器の教科書』を読んでみたよ。

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

 

 

おすすめポイント 手元に置いて使いたい器が満載

どこから読もうか悩んでしまうほど魅力満載の本。

現代の人気陶芸家や、世界の器の名作デザインやブランド、民藝についてなどなど。多岐にわたる器の世界が広がっています。

 

鹿児島睦(かごしままこと)さんの器

鹿児島睦さんは1967年福岡生まれの現在大人気の陶芸家。

 

鹿児島産の動物や草花をパターンのように描いた作品がかわいすぎです。

モダンでもあり、なんとなく懐かしい昭和ぽさもあります。 単純な草花・動物の絵なのですが、器いっぱいに描かれていてカラフルで魅力的。 

かといって、しつこくなく飽きのこない器なんです。

 

●鹿児島睦さんの作品の本はこちら『鹿児島睦の器の本』

ただただ鹿児島さんの器作品がおもいっきり楽しめる本

鹿児島睦の器の本

☝画像をクリックするとアマゾンへ。

 

●鹿児島睦さんの作品の本はこちら『なにのせる?』

子どもも楽しめる、鹿児島さんの器のデザインがイラストになった本

なにのせる?

☝画像をクリックするとアマゾンへ。

 

ルーシー・リーの器

ルーシー・リー(1902-1995)は、ロンドンなどで活躍した女性の陶芸家です。日本でも人気があります。

原田マハさんの小説『リーチ先生』の主人公バーナー・ド・リーチとも交流がありました。

 

こちらの記事もよんでみて

元美術キュレーターだった原田マハさんの芸術小説はリアル感あり、その世界にどっぷりはまれます。

pooh70inu.hatenablog.com

 

女性の陶芸家だからでしょうか。全体的に小ぶりで色や形がかわいらしい作品には温かみを感じます。 数年前に行ったルーシー・リーの展覧会では、何時間でも彼女の作品を見ていたいと思いました。

 

特にピンク色の器は乙女ココロをくすぐります。鑑賞用のように美しくもあり、一方でその器を使っている姿が想像できるのもルーシー・リーの器の魅力。

 

この本に載っている、仕事場で仕上がりをチェックしている晩年のおばあちゃんルーシー・リーの写真がむちゃくちゃかわいい。 小さな体に、手は大きく力強いことにはびっくりしますが。 

彼女自身にも魅力があるのが、器にも伝染しているのだな~と思います。なにかを真剣に生きていた人には、オーラが漂いますね。

 

ルーシー・リーさんの作品の本はこちら

器の概念が覆るような美しいかわいい作品がたっぷり楽しめます。

ルーシー・リーの陶磁器たち (SPACE SHOWER BOOKs)

☝画像をクリックするとアマゾンへ。

 

あの人の「好きな器」をのぞき見る

今活躍中の建築家、デザイナー、女優といったクリエーターたちそれぞれのお気に入りの器が見られます。

なんだか、こっそり食器棚をみているようです。

 

デザイナー村上隆さんも陶芸に夢中とのことで、ご自身の持っている器を 紹介しています。ご自身の器への愛を語る村上さんの話が興味深かったです。

 

魯山人の愛した器

知らない人が見たら「どこか中国あたりの仙人かい」と思うような名前なんですが。

北大路魯山人(きたおおじろさんじん 1883-1959)は日本の芸術家。画家・陶芸家・書道家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていて、それぞれが独学で師匠がいなかったことが自由な発想につながった。

マンガ『美味しんぼ』の海原雄山のモデルとしても有名です。

 

魯山人の悪口と批判からみる人となりと美意識」が特におもしろい読み物。

民藝を愛していた柳宗悦河井寛次郎には批判的。世界的な画家ピカソもボロクソ。ただイサム・ノグチのことは高く評価していたようです。 

それにしても「悪口」って久しぶりに聞きました(笑)。

 

魯山人の作り出す器、料理を盛り付ける器も彼の人柄同様ユニークです。

 

こちらの記事もよんでみて

茨城県笠間市にある魯山人先生の元自宅をうかがったときの記事です。

www.pooh70.com

 

まとめ

GW(ゴールデンウィーク)のようなちょっと長めのお休みに何かをしてみたい人におすすめしたい「器の教科書」。

 

Lesson1   人気の作家

Lesson2 世界の名作

Lesson3 民藝

Lesson4 集める

Lesson5 使う

Lesson6 ルーシー・リー

 

Lessonが6つに分かれているので、ゴールデンウィークに1日1レッスンづつこなしてみるがおすすめ。

最後は街にでて、ネットショップでお気に入りの器をさがしてみてはどうでしょうか。

 

器は自分で使うもの。だからこそ、好きなものを選んで、さらに自分の器をこつこつ育てていきたいな~と思います。 

 

お気に入りの器を探す本『器の教科書を読みこんでみませんか

 

読んでみて♡『器の教科書』

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

Casa BRUTUS特別編集 器の教科書 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

 

 

★お気に入りの器をさがしてみてはいかがですか