本をプレゼントしよう

かわいい本をおすすめする本屋さん

GWにやりたいこと 東京モダン建築をめぐるさんぽ

夢の本屋さん「茶箱」に新しい本を一冊入荷しました。

f:id:pooh70inu:20190408160040j:plain

 

『東京モダン建築さんぽ』

東京モダン建築さんぽ

☝クリックするとアマゾンへ。

倉方俊輔(著) 下村しのぶ(写真) / エクスナレッジ

定価 :1944円(税込)

発売日 :2017/9/17

 

こんな人・時におすすめ

✔建築に興味のある人

✔散歩が好きな人

✔休みに何かをやりたいと思っているとき

 

モダン建築を楽しみながら東京を散歩する

『東京モダン建築さんぽ

東京の町を歩いていると『おっ!』と目を引く建物が多いなと

思っている人へおすすめ

戦後から1970年代頃までのモダン建築をぎゅっと集めて紹介

建築家はもちろん建物内部の特徴までも知ることができます

「あちこちめぐりたくなる」

 

 『東京モダン建築さんぽ』を読んでみたよ。

東京モダン建築さんぽ

東京モダン建築さんぽ

 

 

おすすめポイント 実際に歩いて見てみたい建築

東京を5エリアに分けてモダン建築を紹介。

エリア1 丸の内・日比谷・新橋エリア(11か所)

エリア2 渋谷・目黒エリア(12か所)

エリア3 上野・皇居周辺エリア(8か所)

エリア4 新宿・四谷エリア(6か所)

エリア5 世田谷エリア(4か所)

 

商業ビルから教会、美術館などなどが取り上げられています。

 

建築の外がわだけでなく、内部の階段や壁、扉、椅子、タイル、照明などの細かな部分まで紹介されているのがこの本の魅力。

 

特別コラムとして建築家6人の紹介ページもあり。

村野藤吾さん

大江宏さん

前川國男さん

坂倉準三さん

吉田五十八さん

丹下健三さん

日本を代表する建築家たちです。

建築家について少しでも知っておくと、彼らの設計した建築への見方も変わってくるかもしれません。

 

さんぽのおともにぴったり

ひとつひとつの建物に対して「所在地・最寄りの駅」と「施設の営業時間・開館時間」が明記してあるので、実際に建物を見て回るのに役立ちます。

 

 

全ページオールカラーです。

ページの紙もしっかりしたものできれいに写真が見られます。(そのために少し本は重めです。)

 

まとめ

GW(ゴールデンウィーク)のようなちょっと長めのお休みに何かをしてみたい人におすすめしたい「東京モダン建築さんぽ」。

 

東京の町は変わりつつあります。

この本を手にして、2020年東京オリンピックを前に変わりゆく東京を散歩してみるのがおすすめ。

 

以前に見たこともある建築をまた見て回るのもおすすめです。

周りの雰囲気が変わってしまうだけでも建築への見方も変わってしまうこともあり、久しぶりに建築をみたら印象が変わっていることもあるかもしれませんよ。

 

建築とさんぽを一緒に楽しめる本『東京モダン建築さんぽを読みこんでみませんか

 

読んでみて♡『東京モダン建築さんぽ』

東京モダン建築さんぽ

東京モダン建築さんぽ