本をプレゼントしよう

かわいい本をおすすめする本屋さん

リアリティあふれる若冲作品をじっくりみたい願望をかなえます

若冲原寸美術館 100% Jakuchu!

こんなにも見やすいアート本って今までなかった

部分的に図版が原寸大になっている⇒100%シリーズ 

一筆一筆じっくりと見ることができる

鳥肌がたつほどゴージャス

「鶏のとさかや足のリアルさがこわい」

 

 若冲原寸美術館 100% Jakuchu!』を読んでみたよ。

若冲原寸美術館 100%Jakuchu! (100% ART MUSEUM)

若冲原寸美術館 100%Jakuchu! (100% ART MUSEUM)

 

 

若冲原寸美術館 100% Jakuchu!

辻惟雄・太田彩(監修) / 小学館

定価 :3,240円(税込)

発売日 :2016/4/20

 

こんな人・時におすすめ

✔展覧会ではいつも若冲作品をよく見られないと悩んでいる人

✔思う存分若冲を堪能したいひと

✔アート好きな人

 

この本のおすすめポイント すごすぎるよ若冲

伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)(1716-1800)

江戸時代の京都画壇が生んだ天才画家。熱心な仏教の信者だった。

 

● 21 x 1.9 x 29.8 cmの大型本

作品が見やすいけれど少し重い(笑)。ベッドのなかで寝転んで読むのはつらいサイズです。

 

●オールカラーで楽しめます

 

●一つの作品から4~5ぐらいのパート(部分)をピックアップして100%サイズに。

 

●作品ひとつひとつに解説つき。

この解説の文字も大きいサイズで読みやすいのもうれしいポイントになっています。

 

●植物、動物のリアルさが半端ない

登場する動物は、お得意の鶏はもちろんガチョウやタコ、オウム、貝、魚、蝶、カエルなどや、向日葵や紫陽花、梅、芍薬、松、薔薇といった植物・花など。

まるで図鑑をみているようです。

 

まとめ

この人の名前が展覧会にあるだけで、話題になってしまう伊藤若冲

今や若冲作品の出展する展覧会の混雑は、ニュースでもとりあげられるほどの人気画家になりました。

 

彼の作品の魅力は細かい線で描かれたリアリティあふれることなんですが、展覧会ではじっくり見られないことがほとんど。

もっともっと若冲作品を見てみたいと思う願望をかなえてくれる本若冲原寸美術館 100% Jakuchu!を読みこんでみませんか

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain
私は小さなころに近所の鶏に追いかけられてから鶏は大の苦手だよ~。

 

読んでみて♡『若冲原寸美術館 100% Jakuchu!

▼▼この記事で紹介した本

若冲原寸美術館 100%Jakuchu! (100% ART MUSEUM)

若冲原寸美術館 100%Jakuchu! (100% ART MUSEUM)

 

  

現在(2019年3月)、東京都美術館で開催中の「奇想の系譜展」で若冲作品が見られます。

会期の残り(2019年4月7日まで)は少ないのですが、気になる方は春休みにでもぜひ。おすすめです。

▼公式ホームページはこちらから。

【公式】奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

 

☟こちらの記事もよんでみて

私が『奇想の系譜展』に実際行ってみた様子はこちらの記事に詳しく書いていますのでぜひ読んでみてくださいね。

www.pooh70.com

東京都美術館『奇想の系譜展』あの若冲も登場。混雑してでも見たいマンガのような作品たちにびっくり - かわいいを探せ!