アニメ業界をのぞいてみたい お悩み解決本:「ハケンアニメ!」辻村深月

f:id:pooh70inu:20180407165716j:plain

本を読んで(映画を見て)、あなたの悩みを解決してみませんか?

  

お悩み:仕事 アニメ業界に入りたい

 

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

アニメが大好き♡将来は、アニメに関する仕事をしてみたいんだけれども、どんな業界なんだろう?

 

 

お悩み解決本:「ハケンアニメ!」辻村深月

 

このお悩みに対して、読んでみてほしい1冊がこちらです。

 

 

タイトル・あらすじ:お悩み解決本:「ハケンアニメ!」辻村深月

 

辻村深月 著 / マガジンハウス

 

 

表紙は女性陣。

裏表紙には、男性陣が描かれています。

 

表紙の女性陣は、向かって右から、あ~この人が有科さんで、これが斎藤監督で、この子が並澤さんだな、と思われます。

 

男性陣は、向かって右から王子監督、宗森さん?、行城さん?ですかね。(3人ともメガネはかけていないので、逢里さんではないですものね~)

 

このイラストを見ながら、本を読むと、登場人物のイメージが固まって、さらに物語の中に入り込めます。

 

もちろん、自分なりに人物を想像するのが、一番面白いと思いますけれどね。

 

f:id:pooh70inu:20180407165729j:plain f:id:pooh70inu:20180407165729j:plain f:id:pooh70inu:20180407165729j:plain

 

1つの小説なのですが、物語は4つに分かれています。

 

4つの章では、それぞれ登場人物が交わっていて、主役が変わっていきます。

 

いろいろな人物からの視点で、仕事を見ることができる、おもしろい小説になっています。

 

1章では、王子監督と女性の有科プロデューサーのマンガ『リデル』を作り上げる物語。

 

2章では、女性の斎藤監督と行城プロデューサーのマンガ『サバク』を作り上げる物語。

 

3章では、『サバク』のロケ地となった地方の市の選永市観光課にお勤めの公務員宗森さんと、人気イラストレーターの並澤さんの物語になっています。

 

そして4章は、それぞれのまとめという感じのストーリです。

 

アニメ製作現場や、アニメに関するイベントまで。

 

アニメワールド全開!!です。

 

f:id:pooh70inu:20180407165729j:plain f:id:pooh70inu:20180407165729j:plain f:id:pooh70inu:20180407165729j:plain

  

気になったフレーズ:お悩み解決:「ハケンアニメ!」辻村深月

 

本の中で出てきた素敵な言葉をピックアップします。

 

 

アニメ業界同士の恋愛は、昔から、憧れか尊敬か、そのどちらかだと言われている。

 

本人と先に出会う前に、その人がかかわった作品を目にしている経験の方が多いこの業界で、好きだった作品の作り手に憧れから恋をしてしまう場合は多い。

そして、尊敬は、憧れとも微妙に違って、その人の作品そのものというよりは、仕事に取り組む姿勢の方に恋をすることを指す。一般的に、憧れによって始まった恋は冷めやすいが、尊敬なら長続きする、と言われる。

 

第1章 王子と猛獣使いより

 

 

アニメ業界に入る前に、業界あるある恋愛についても、学んでおこう!!

 

憧れと尊敬

 

似ているようで、まったく違う「好き♡」なんですよね~。

 

 

あなたは今、泣いてすっきりしたかもしれませんが、泣かれたこちらは不愉快です。そのことをどう思いますか?

 

中略

 

あなたは今、相手に言いたいことを言ってすっきりしたかもしれませんが、フォローしなければならないこちらは大変、不愉快です。

 

第2章 女王様と風見鶏

 

 

こちらは、アニメ業界に関わらず、お仕事あるあるのひとつです(笑)

 

今まで、仕事現場で、しかもみんなの前で、何人の女の人が泣いたことを見てきただろうか・・・・・・。

 

私の経験上、泣いた人は、たいていお得(笑)

 

泣いた人と言い争った当人(原因の人)は、イヤ~な思いをして、泣いた人をフォローする人(上司や先輩)は、胃がキリキリするほどの経験をすることになる。

 

泣いたが勝ちかもね(笑)

 

まとめ・感想:お悩み解決本:「ハケンアニメ!」辻村深月

 

f:id:pooh70inu:20180328180449j:plain

 

アニメ好きの人って、たくさんいますよね。

 

彼ら(彼女ら)は、びっくりするぐらい、アニメを愛する熱意があります。

 

その熱意が、お金になる仕事に繋がるなんて、うらやましいともいえますよね。

 

好きなことを仕事にできるなんて、夢のようですもの。

 

 

f:id:pooh70inu:20180407103708j:plain f:id:pooh70inu:20180407103708j:plain f:id:pooh70inu:20180407103708j:plain

 

好きな仕事をしていても、どうしても悩みや壁にぶつかることは当然ですよね。

 

この小説では、アニメ業界に関わらず仕事をするうえで、よく起こるトラブルが満載ですので、リアルさが伝わってきました。

 

「仕事あるある」はこれだ!

 

f:id:pooh70inu:20180407114124j:plain (女性の場合)相手先の人が、きれいな女の人だと、やけにいじわるな女に見える。

→→→自分を馬鹿にしているような気分になる。

 

f:id:pooh70inu:20180407114124j:plain 名前を覚えてないことがありありな、調子のいい営業マン。

→→→どこでも、おなじようなお世辞を言ってるんだろう、お前!

 

f:id:pooh70inu:20180407114124j:plain 自分の理想を貫こうとする空気読めないさん。

→→→理想どおりにいくことなんて、ほとんどありません(笑)ので。

 

 

f:id:pooh70inu:20180407103708j:plain f:id:pooh70inu:20180407103708j:plain f:id:pooh70inu:20180407103708j:plain

 

「小説だよな」と思ったこと。

 

いくらアニメ好きが集まるアニメ業界といえども、この小説のように、みんながみんな仕事を愛していて、みんながみんな仕事ができる人たちが集まった現場なんて、ありえないです!!

 

それでも、この小説では、ただ素直に、仕事をすることの楽しみって、仕事に夢中になること、みんなでひとつのことを仕上げていく達成感だよな~と思い出させてくれます。

 

  

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

アニメ業界に入ってみたくなった?

仕事って、びっくりするぐらい、いろんなことが起きます!! それを乗り越えてこそ、スーパー仕事人だよ。

 

読んでみて♡:お悩み解決本:「ハケンアニメ!」辻村深月

 

ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫)

ハケンアニメ! (マガジンハウス文庫)