本をプレゼントしよう

かわいい本をプレゼントすることをおすすめするブログ

おすすめプレゼント本:「本屋さんのダイアナ」 人と違う自分の生き方に悩む

f:id:pooh70inu:20180322180924j:plain

本をプレゼントしよう

おすすめプレゼント本:「本屋さんのダイアナ

 

自分って、人と違うけれど、変なのかな?と感じている人へ。

 

自分の生きている環境が普通ではない、それがつらい人へ。

 

他の人の生き方が、うらやましくて仕方ない。

 

そのせいでか、周囲から浮いてしまい、学校や会社では、自分の居場所がないし、自分に自信がもてず、自分を上手に表現することができなくなっていることに悩んでいる人へ。

 

プレゼントしたい本があります。

 

 

手書きPOP

 

柚木麻子 著 / 新潮社

 

内容・気になるフレーズ

かわいらしい金髪の女の子が描かれた表紙です。主人公のダイアナですね。ダイアナは、本が大好きな女の子。ちょっと普通?の感覚とは違う母親と二人ぐらし本が好きなことで、自分とはまったく正反対の環境で育った女の子、彩子と親友になります。

本書は、ダイアナの小学校時代から社会人になるまでの青春小説でもありますし、ダイアナと彩子の女の友情物語でもあります。ダイアナの生き方や、ダイアナの周りにいる大人や友達の生き方を見ることで、誰もが悩みを持っていること。そして、その悩み(秘密)こそが、その人の個性をつくりだしているということを、知ることができます。

 

ダイアナと彩子を結びつけたものは「本」。二人とも本を読むことが大好き。小説の中でも『赤毛のアン』『秘密の花園』『おちゃめなふたご』『おてんばエリザベス』『ライ麦畑でつかまえて』『長くつ下のピッピ』など、本好き女子にはたまらない本のタイトルが出てくるのも、この本の魅力です。

 

本書に登場してくる人それぞれも、完璧でなく、何かしらの悩みや不幸を抱えていながらも、みんなが自分の生き方を模索していて、それでいて、みんなが心優しいのです。異なるそれぞれの人生が交わるたびに、お互いを助け合っていくのですから、人生っておもしろいなと思えます。

 

 

 

私はね、そんな風に生きられなかったの。プライドが高くてそのくせ恐がりで、自分と違う個性を認めることができなかった。他人を見下さずには生きて来られなかったの。だから、本物の友達なんていたことがなかった。

 

ダイアナや彩子よりもだいぶ大人の私には、主人公ダイアナの親友彩子ちゃんのママの言葉が、心に刺さりました。彩子ちゃんのママは、他の人から見たら、だれもがうらやむような完璧な女性なのに、本人は自分をこんな風に思っている。私は、自分に近い年齢の、この完璧な女性の言葉にグサリきました。 大人の多くの女性が、「私も!私も!」と思ったんではないでしょうか。

 

 

人生がこんない上手く行かないなんて、どんな本にも書いてなかったよ。

 

ダイアナが小さな頃から探していたお父さんに失望してしまうシーンで、ダイアナのお母さんの言葉。

人生は、もちろん本で読んだようには行かないことがほとんどだけど。もしかしたら、本のような奇跡?本のような理想的な結果が生まれるかもしれない、と思えることができるのだって、幸せかも。だって、本を読んでなかったら、そんな幸せな期待、希望ももてないかもしれないから。 

 

まとめ

主人公のダイアナの生き方にも注目してほしいのですが、この本の魅力は、ダイアナの周りの大人や友達なんです。いろいろなタイプの大人・友達がでてくるのですが、それぞれ違ったタイプの人なのですが、みんながそれぞれ何かしら秘密や悩みを抱えていて、それがその人の魅力にもなっています。

 

この本を読むと、実は、悩みってその人の個性やその人らしさを作り出す、一因なんだな~と思えるはずです。悩みを解決したいけれど、その悩みと上手く付き合っていくことも大事なことなんだということを学んだような気がします。そして、わりと真剣に本人が悩んでいることも、実は周囲の人は気づいていないぐらいのことだったりするんですよね。自分では、名前も生まれる家庭も、選べない人生のスタートはみんな平等。でも、始まった人生には、人それぞれで、すべて平等とは決していえないし、平等になることなんてありえません。私たち人間は、与えられた人生を精一杯生きるほかないんだなあ~と感じます。悩んでも仕方ないことも、あるんですよね。

 

人生に疲れた時に読むと、ほんわかできそうでおすすめです。

f:id:pooh70inu:20180322221243j:plain

人と違う自分って、「普通のこと」「当たり前のこと」に思えてきませんか。

 

プレゼントしよう:「本屋さんのダイアナ

▼▼下をクリックすると、アマゾンへ。文庫本になって、表紙が変わっています。

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)

本屋さんのダイアナ (新潮文庫)