読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「コーヒをおいしくいれるために」 三冊の本を読む

解決したいこと・知りたいこと

「コーヒをおいしくいれるために」

引っ越しをしてから、近所に休日にゆっくりできるコーヒーショップが無くなってしまいました。仕方ないので、家でコーヒーを飲むことにしました。

道具は適当にそろえて、コーヒー豆(挽いたもの)を買ってきて、淹れていたのですが、どうもおいしいコーヒーがつくれません。コーヒー豆がいけないのかと思い何種類か試したのですが、イマイチです。

そこで、本を読んでコーヒーの入れ方を学んでみたいと思います。

読む3冊の本

①『たった一杯で、幸せになる珈琲』 大塚朝之 2016年

②『コーノ式かなざわ珈琲』 金澤政幸 2009年

③『LOVE DOFFEE!』 アエラムック 2008年

3冊の本のそれぞれの特徴

『たった一杯で、幸せになる珈琲』

作者の大塚さんは、1981年生まれで1996年に芸能界デビューをしたイケメン。2011年におしゃれな街、恵比寿にコーヒーショップ「猿田彦珈琲」をオープンさせる。

コーヒーを、気軽におしゃれに楽しんでもらえるための本。

『コーノ式かなざわ珈琲』

作者の金澤さんは、1964年生まれ。千葉県の木更津市で珈琲店を営む。

コーノ式の愛用器具を使って、あなたにとっておいしいコーヒーを入れる方法を伝授する本。

『LOVE DOFFEE!』

朝日新聞出版の雑誌。

コーヒの淹れ方はもちろん、多方面(コーヒ豆や、コーヒーに合うお菓子まで)からコーヒーについて知ることのできる本。

 

この3冊を読んでみたいと思います。