どんな”おばあちゃん”がもてるのかを学んだ 映画「素敵なウソの恋まじない」の感想 

タイトル:「素敵なウソの恋まじない」

素敵なウソの恋まじない [DVD]

素敵なウソの恋まじない [DVD]

 

 採点(お気に入り度)

45点(50点満点中)

感想

ほっこりと心が温かくなる映画です。

現実的ではないような気もしながら、あり得ない話でもないような気がしてくる不思議な魅力のあるストーリが楽しめます。

物語には、主人公の二人のことを説明してくれる第三者的存在の男性と娘がいます。彼らの独り言?会話?もキュートでおもしろいです。

映像的にも、男性のテラスのガーデニングが素敵です。夜空にさまざまな色の花が浮かぶ上がるシーンが幻想的です。

女性のテラス・お家のインテリア・ファッションもかわいくて注目できます。

トーリとして考えると現実では、映画の男性と同じようなことをして相手の気持ちを引き寄せようとするのは難しいかなとも。ちょっと犯罪とストーカの一歩手前ですので。

二人のキャラクターは正反対タイプです。実は女性的目線でみると、最初は「なんでこんな女性がいいのだろうか?」と不思議だったのですが・・・。

だんだん、素直な(最初はちょっと頭がゆるいのでは・・・と思い)、明るいファッションで(最初は派手なおばあちゃんだな・・・と思い)、気軽に話せるチャーミングな(ちょっとおしゃべりなおばあちゃんだな・・・と思い)素敵な女性だなと思えてきます。

憧れのおばあちゃんになりました。

気になったフレーズ

「想いを相手に伝えて初めてそれは愛になるんだ」

おススメしたい人・おススメシチュエーション

☑最近恋愛してないな~と感じる人。

☑老後に不安の感じた時。

茶箱のおススメポイント

①かわいらしい女性の魅力を学ぶ。

②人生はいつでも・どこにでも幸せが隠れているのではないかと気づくこと。

③ストーリ中にちょいちょい笑えるシーンがあるので思いっきり笑おう。

基本情報

制作年:2015年

制作国:イギリス

原題:Roald Dahl's Esio Trot

ロアルド・ダールの『 Esio Trot』になります。

この映画の原作は児童文学書なんです。

ロアルド・ダール(1916年9月13日 - 1990年11月23日)は、イギリスの小説家、脚本家で、あのティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」の原作『チョコレート工場の秘密』も書いています。

そして『Esio Trot』とは、物語に出てくる、ある”おまじない”です。つなげて逆から読むと『Tortoise』カメのことです。